Record China

ヘッドライン:

猛暑の日本で熱中症患者続出、5人死亡、韓国でも関心高まる

配信日時:2018年7月15日(日) 12時20分
拡大
15日、YTNなど複数の韓国メディアは、日本の猛暑による被害状況を伝えた。資料写真。

2018年7月15日、YTNなど複数の韓国メディアは、日本の猛暑による被害状況を伝えた。

記事は、200人を超える死者を出した西日本地域の豪雨被害の復旧が続く中、日本列島で猛暑により1500人余りが熱中症の症状で病院に運ばれ5人が死亡したことを伝えた。

14日は太平洋高気圧の影響で気温が上昇し西日本と東日本を中心に日本全国で猛暑が猛威を奮い、日中の最高気温は岐阜県多治見市が38.7度と最も高く、三重県松阪市で38.2度まで上昇するなど、今年に入り初めて38度を超えた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「日本って、自然災害が多くて大変だな」「ここまで災害が続いている状況をみると、本来人が住むべき場所ではない所に無理に住んでいるような気もする」など、日本を襲う自然災害に言及する意見が寄せられた。

さらに「自然災害を早く克服して、被害を最小限に抑えてほしい。豪雨による死者の冥福を祈っている。遺族の方々も元気を出してほしい」と、西日本を襲った豪雨による被害者を悼む声も見られた。

また「日本のことを心配している余裕はない」「韓国も暑い」「異常気象だ。他人事ではない」など、地球温暖化の影響を指摘する声も上がっていた。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<直言!日本と世界の未来>心が痛む「西日本豪雨被害」、地球温暖化の影響か=公共インフラ整備に全力を―立石信雄オムロン元会長

6月中旬の「大阪北地震」に続いて、「平成30年7月豪雨」が西日本を襲い、平成で最悪の水害となった。河川の氾濫や土砂崩れの被害をもたらし、犠牲者の中には高齢者や小さな子どもも多く、心が痛む。

立石信雄
2018年7月15日 5時0分
続きを読む

ランキング