台湾セブンイレブンで初の試み、店舗に日本の生ビールサーバーを設置―台湾メディア

Record China    2018年7月14日(土) 19時20分

拡大

台湾メディア・中国時報電子版は13日、台湾のセブンイレブンで初の試みとして、日本の生ビールサーバーが設置されたと報じた。資料写真。

台湾メディア・中国時報電子版は13日、台湾のセブンイレブンでの初の試みとして、日本の生ビールサーバーが設置されたと報じた。

記事は「暑い夏はビール販売のピーク。台湾のセブンイレブンは13日、サントリーの生ビールを店頭販売することを発表し、台北市の統佳店で同日午後2時より『ザ・プレミアムモルツ』の販売が始まった」と紹介。台湾のセブンイレブンでサーバーから生ビールを提供するのは初めてという。

台湾セブンイレブンによれば、6~9月は冬よりもビールの売り上げが80%多くなり、特に週末は平日の倍以上の売り上げになるという。この商機を生かそうと生ビールの販売を始めた店舗では、レジカウンターで注文し、年齢確認を受けた後で料金を支払うと、店員がサーバーからビールを注いで渡してくれる。なお、台湾で飲酒が認められているのは18歳以上だ。

ビールサーバー設置第1号となった統佳店は松江路および行天宮駅の複合商業エリアにある。観光客のほか、付近に民家が多いことから通勤族の利用も多く、より多くの販売が見込めそうだ。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携