Record China

ヘッドライン:

米軍装備が中国製、兵士が交換求める―米華字メディア

配信日時:2012年6月30日(土) 9時33分
拡大
27日、アフガニスタンに駐留する米軍兵士に中国製の軍靴が支給され、兵士が米国製の軍靴への交換を希望したことが分かった。写真は米軍。
(1/4枚)

2012年6月27日、米華字メディア・多維新聞によると、アフガニスタンに駐留する米軍兵士に中国製の軍靴が支給され、兵士は米国製の軍靴への交換を希望したが、その要求は通らなかった。米エアフォース・タイムス誌ウェブサイトが25日に伝えた。

その他の写真

装備が外国製であることでどれだけの米国人が職を失ったのだろうーという思いで兵士は憤慨し、中国製の軍靴を履いて戦場へ出ることもためらわれた。基地の補給倉庫で中国製に代わった理由を問うと、価格が安いからだという。

その後、兵士は軍靴を米国製の物に交換してもらえたが、アフガニスタンに着くと再び中国製の軍靴を支給されることとなった。軍靴は後方勤務局が用意した物ではなく、所属する部隊が請負業者から購入した物だった。業者は中国製の方が軽く、装備の重たい兵士の体力温存にも良いとしている。兵士は軍側にメールで米国製軍靴への交換を求めたが、得られた回答は「グッドラック」だったという。

兵士は米国製の軍靴にいったん交換できたのは「いっときの勝利」だとし、これは愛国心にかかわる問題だと話している。(翻訳・編集/岡田)

関連記事

「中国は敵か味方か?」、中国を警戒した軍備増強計画に苦言―豪紙

4月29日、豪紙は「中国は敵か味方か?」と題した記事で、中国海軍の増強に対抗するため、ラッド政権が大規模な軍備増強を計画していることについて、「中国に不信感を与えることになる」と懸念を示した。写真は06年、タジキスタンと合同軍事演習を行った中国軍。

Record China
2009年5月2日 3時38分
続きを読む

米軍だけではなかった!中国製の偽造部品、一部はすでに日本にも納入―上院軍事委

21日、米軍装備で大量の偽造電子部品が見つかった問題で、米上院軍事委員会は「ほとんどの供給源は中国だった」と結論付けた。また、偽造部品は日本にも納入されていたことも判明した。写真は中国人民解放軍済南軍区にある空軍修理工場。

Record China
2012年5月25日 10時31分
続きを読む

ランキング