韓国アイドルの歌が小学校で歌唱禁止に?その理由は…=韓国ネット「気にしすぎ」「まだ偏見があるの?」

配信日時:2018年7月15日(日) 18時10分
韓国アイドルの歌が小学校で歌唱禁止に?その理由は…
画像ID  1005421
11日、韓国・朝鮮日報は、韓国の男性7人組アイドルグループiKONが昨年1月にリリースしたアルバム「Return」の代表曲である「恋をした」に対して、子育て中の母親たちから不満の声が上がっていると報じた。資料写真。
2018年7月11日、韓国・朝鮮日報は、韓国の男性7人組アイドルグループiKON(アイコン)が昨年1月にリリースしたアルバム「Return」の代表曲である「恋をした」に対して、子育て中の母親たちから不満の声が上がっていると報じた。また、一部では子どもに不適切な内容が含まれると指摘する声も出ている。

「恋をした」はリフと呼ばれる軽快なピアノの旋律が特徴的で、恋人と別れた時のほろ苦い気持ちを表現した曲となっている。リリース後は韓国の音楽チャートで43週連続1位を獲得した。また、YouTubeのミュージックビデオ動画再生数が1億回を超えるなど、2017年上半期の人気曲となった。

記事によると、韓国では最近この曲が小学生の間で流行り、教室や講堂、バスの中などで合唱する動画がオンライン上にあふれている。ママカフェと呼ばれる、韓国の子育てに関する情報共有オンラインコミュニティーには、「『恋をした』を流すと子どもたちが大合唱するから、小学校の教室で歌うのは禁止になった」「7歳になる娘が一日中歌い続けて、もううんざり」といった不満の声が1日に数十件も投稿されているという。

子どもたちの間でこれほどまでに人気が広がった理由は、他のアイドルの曲に比べリズムがゆっくりとしており、歌詞も比較的簡単なためだとされる。実際に子どもたちはこの曲のサビ部分である「恋をした/僕たちが出会って/消すことができない思い出になった」を「朝寝坊した」などのユーモラスな歌詞に置き換えて遊んでいることが多いという。

一方で、歌詞の内容が子どもたちの年齢にそぐわないと懸念する声もある。途中「狂ったように愛した」などの歌詞が含まれており、子どもが歌うには不適切だという指摘が出ている。韓国・仁荷(インハ)大学児童心理学教授は「適切でない歌詞は表現を変えてから歌わせるようにするなどの指導が必要だ」と指摘する。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「気にしすぎ。学校で習う民謡の方がよっぽどいやらしいし、アリラン(韓国で最も有名な民謡)に比べたらどうってことない」「『夜になると変わる女』『行けるとこまで行ってみよう』って歌ってる江南スタイルよりずっと健全。でも江南スタイルの時は誰も何も言わなかった」「これが演歌なら内容がベタベタしてても神童って呼ばれるのに」「いまだにアイドル曲とヒップホップは有害っていう偏見があるの?」と批判的なコメントが寄せられている。

また、「子どもに有害なユーチューバーをフィルタリングする方が先でしょ」「子どもはただ歌ってるだけ」「自分が子どもの時には『誘惑のソナタ』っていう曲が人気で刺激的な歌詞だったけど、誰も道を踏み外さなかったよ」と指摘する声や、「うちの子も歌ってたから楽譜を見てみたら、メロディーが単純で子どもでも歌いやすいって分かった」と擁護する声も見られた。(翻訳・編集/渡辺)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事