韓国期待の“慰安婦映画”、興行成績で大苦戦=韓国ネット「見たくても見られない」「慰安婦テーマの映画は飽きた」

配信日時:2018年7月13日(金) 6時30分
韓国期待の“慰安婦映画”、興行成績で大苦戦
画像ID  1005345
11日、韓国・国民日報によると、慰安婦問題を扱った韓国映画「Her story」が、興行成績で苦戦を強いられている。写真は韓国にある慰安婦歴史館。
2018年7月11日、韓国・国民日報によると、慰安婦問題を扱った韓国映画「Her story」が、興行成績で苦戦を強いられている。

日本軍慰安婦がテーマの同映画は、公開前から注目を集めていた。韓国のメディアでは連日、同映画に出演した有名女優らのインタビューやヒットを予想する記事が報じられていた。先月14日には女性家族部長官、今月3日にはソウル市長、9日にはソウル市教育監が観覧して話題となった。

記事によると、韓国で公開2週目を迎えた同映画は、10日までの観客動員数が29万人にとどまった。10日の観客動員数は7913人で、1万人にも満たなかったという。この成績について、記事は「多大な時間と労力をかけて制作された映画であるため残念だ」と伝えている。

さらに10日の時点で同映画を上映する映画館は1週目(695カ所)の半分以下(294カ所)に減った。上映中の映画館でも、上映時間は早朝か深夜だという。これには、同時期に公開されたハリウッド映画「アントマン&ワスプ」の人気も影響しているとみられている。

同映画は、1990年代、韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り起こした訴訟で、一部勝訴判決を引き出すまで闘い続けた姿を実話を基に描いたもの。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「見たくても近くに上映している映画館がない」「上映していないのにどうやって見る?」「たった1週間で終了したら見たい人も見られない」など、上映スクリーン数の少なさに不満の声が多数寄せられている。

その他「面白くなさそうだから」「女優の演技がしらじらしい」「慰安婦テーマの映画が多過ぎて飽きた。どれも似たり寄ったり」「時期が悪かった。夏の暑い時に見るにはテーマが重過ぎる」などと指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/14 15:26)

    >>一部勝訴判決を引き出すまで闘い続けた姿を実話を基に描いたもの。 見てないからなんとも言えないけど、実話に基づいたという話であっても、脚色がすぎると嘘臭くなったりするんだよね。 出来るなら、当時のフィルムなども交えながらドキュメンタリー形式で作るのがいいと思うが。 まあ、今更こんなこと言っても遅いんだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 高山***** | (2018/07/13 13:43)

    この映画を観たソウル市長 「日本には謝罪してもらう煮打!」 フィクションなのにホント、認知バイアスって国をも滅ぼす恐ろしい病ですね。 関わらない関わらない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/07/13 09:49)

    おかしいな?捏造&妄想ファンタジー映画が大好きな半島ゾンビ共が何を取り置いても観に行かないなんて・・・・。 ホンマに日韓合意や日韓基本条約を破棄する気あんのか?反日が足りないのだよ、反日が!! 急に暑くなった所為か熱さが足りずゾンビ達は最近ちょっとダレてるぞ?! もっと身ィ~入れて反日を叫び、今まで以上に歴史を歪曲&捏造し、さも史実だったかのように掲げ、さっさと国交断絶まで持っていけよな~。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事