日本の元首相の様子に、中国で驚きの声「一体どうなっているの?」「これが民主主義ってやつか」

配信日時:2018年7月13日(金) 5時50分
日本の元首相の様子に、中国で驚きの声「これが民主主義ってやつか」
画像ID  1005121
野田佳彦前首相が地元・千葉県の船橋駅前で早朝から自らチラシを配っている様子に中国で驚きの声が上がっている。写真は11年12月、中国を訪問した野田前首相。
2018年7月11日、野田佳彦前首相が地元・千葉県の船橋駅前で早朝から自らチラシを配っている様子が中国で伝えられ、驚きの声が上がっている。

朝6時の駅前。野田前首相はまだ人もまばらな街頭に立ち、通勤する人や高校生たちに「おはようございます」「行ってらっしゃい」などと声をかけながらビラを配布。この「早朝朝立ち」は30年以上続いているという。

野田前首相は「演説よりもチラシを配った方が声をかけてもらえるし、会話ができる」と話しているという。

この報道に、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「首相経験者がチラシ配り…?」
「日本は老幹部の世話すら十分しないのか」
「国レベルの幹部政治家としての待遇は一体どうなっているの?」

「元首相がこんな日々を送っているとは、驚いたな」
「これが民主主義ってやつか」
「職を離れたら一般人と同じなんだ…」
「中国なら今でもVIP扱いだろう」

「でも、この人が尖閣諸島(中国名:釣魚島)を国有化した張本人なんだよな」
「チラシ配りして同情でも買おうというのか?」
「こんなことして城管に追い払われないのかな」(※城管とは都市部の治安管理員のことで、横暴な振る舞いが問題視されている)(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/15 10:21)

    小沢一郎と並んで旧民主にトドメくれた無能だけどな。 まあ、内部にコイツを筆頭にした極右議員を半数ほど抱えてたから、最終的に崩壊したんだけど。 そういう意味では小沢一郎の計画通りだったし、民主が潰れる事で最大の利益を得たのが自民党だ。 そもそも、極右議員の大半が自民から日和見で移ってきた連中だったしな。 立憲民主もそういう連中とは距離を置いたからかなり安定してはいるが、蓮舫みたいな極右をまだ抱えてるし、こういう連中が今後どう動くんだか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/07/13 09:32)

    第一線を退き、他にやることがなくなったからだろ。 有能な政治家であれば早朝からも引手あまたなハズ・・・・。 だが、毎朝駅前に立ち一般の人と触れ合う機会をつくって民意に耳を傾けるってのはとても大事なことだから、そこは評価する。 まずは同組織の日本の政治家としてはあるまじき国益を損ねる言動しかしない連中に背中で見せて、日本の政治家とは何をするべきなのかをその姿勢で示して欲しい・・・・っつってもこの党じゃ無理かな?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/13 07:12)

    >日本は老幹部の世話すら十分しないのか 本人がやりたがっているに過ぎない。ただビラを配るだけでは誰だかわからないので、近くに『元総理大臣』の看板を出しているはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事