「日本の植民地支配を謝罪したい」=修学旅行で毎年韓国を訪れる日本の高校が話題

配信日時:2018年7月11日(水) 21時40分
修学旅行で毎年韓国を訪れる日本の高校、その理由に韓国ネットが感動
画像ID  1005102
11日、韓国・インサイトによると、「過去の日本の植民地支配を謝罪したい」との理由で、生徒たちを毎年韓国に送る日本の高校が話題になっている。写真は慶州市。
2018年7月11日、韓国・インサイトによると、「過去の日本の植民地支配を謝罪したい」との理由で、生徒たちを毎年韓国に送る日本の高校が話題になっている。

韓国の慶州市は9日、智辯学園傘下の和歌山高校・奈良高校・奈良カレッジの生徒43人が同市を訪問したことを公表した。同学園は1975年から毎年、生徒たちの修学旅行先に同市を選んでいる。その理由について、記事は「同学園の設立者である故・藤田照清初代理事長の『歴史を正しく学ばなければならない』という信念のため」とし、「正確には、日本の韓国植民地支配を謝罪し、日本文化の起源が新羅と百済であることを教えるため」と説明している。智辯学園傘下の高校では、これまでに約2万1000人の生徒が修学旅行で韓国を訪れたという。

同市市長は「両国の生徒の交流が増えるほど日韓関係の未来は明るくなり、発展的な関係につながる」と述べ、日本の生徒たちの訪韓を歓迎しているとのこと。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは「歓迎する」「行動する良心に感動した。安倍首相も見習ってほしい」「感動。正しい歴史を学んだ智辯学園の生徒たちが大人になり、韓国の友人と共存できたらいいな」「韓国の子どもたちにとっても明るいニュース」「同じ考えを持つ高校がもっと増えてほしい」など、喜びのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/07/14 01:12)

    世界平和のためには過去は互いに忘れることが肝要です。微に入り細に入り過去を子孫に伝えることは、被害者の子孫に復讐心を植え付ける一方、加害者にいつ復讐されるかの疑心暗鬼を生じさせ、互いに含むところができて、いずれにせよ碌なことはありません。その意味で建国後の韓国・江沢民以降の中国の歴史教育は明らかに間違っています。特に両国の国民はファシズム的体質が強く、少数意見が国家的・社会的に抹殺されるため(余談になりますがこれは朱子学の影響と思われます)、歴史が客観的に研究されることはなく、歴史=政治になってしまうため、彼らと歴史を論じても彼らの感情を逆なでし不毛の論争になるだけで、無駄です。歴史に拘ることが如何に不毛であり非生産的であり馬鹿げているだけでなく悲劇ですらあることは、イスラエルとアラブの対立をみれば分かります。歴史に拘る人々に未来はありません。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • kur***** | (2018/07/13 09:09)

    教育関係者は共産党が多い
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yha***** | (2018/07/12 16:45)

    100年も前の朝鮮併合時代を現代の高校生が謝罪せねば為らないのか、偏った歴史教育で洗脳しようとする校長にも呆れる。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事