国中にあふれかえる韓国人の「大国願望」=鼻についても無視するのが上策―中国紙

Record China    2012年6月27日(水) 12時4分

拡大

21日、環球時報は記事「韓国、あちらこちらに明示される『大国への野心』」を掲載した。政府から一般市民まで「大国を目指す野心」にあふれているが、その理由は近代にまでさかのぼるという。写真は麗水万博会場。

(1 / 8 枚)

2012年6月21日、環球時報は記事「韓国、あちらこちらに明示される『大国への野心』」を掲載した。

その他の写真

韓国の面積は10万平方キロメートル、人口は約5000万人。中国の浙江省に相当する。規模と自然条件からいえば、韓国は明らかに大国ではない。しかし麗水万博を訪れた環球時報記者はあちらこちらに「大国になりたい」という韓国の野心を目にした。

空港を下りれば「世界で最高、もっとも便利な空港です」とのキャッチコピー。韓国料理の広告には「世界一おいしい料理」と書かれている。それどころか空港内にあった下着の広告には「最高のパンツです」との文字も。韓国大統領府は「青瓦台」というが、韓国の官僚は米国がホワイトハウスだからと対抗していることを認めている。

一般市民に話を聞いても大国を目指すべきと答える人が多い。国の上から下まで大国を目指す韓国がその望み通りの地位を手に入れれば、歴史認識問題や海洋主権問題で対立する中国への影響が懸念されるところ。しかし雑誌『中国』韓国語版の張忠義(ジャン・ジョンイー)編集長は気にしすぎることはないと話す。

中国同様、侵略された近代史を持つ韓国には「悲しみの感情」があり、それは古傷のように敏感になっている。そのために韓国人は「大国になりたい」という気持ちを抱いていることを中国人は理解するべきだと張編集長は説く。そうした態度が鼻についたとしても無視するべき、あるいは徹底的に説得するしかないと話している。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携