“防災先進国”の日本でなぜ?西日本豪雨の被害の大きさに韓国も注目

配信日時:2018年7月11日(水) 13時50分
“防災先進国”の日本でなぜ?西日本豪雨の被害の大きさに韓国も注目
画像ID  1004903
10日、韓国・YTNは、西日本を襲った大雨による死亡・行方不明者が200人に達していることを受け、「自他が認める防災先進国の日本でなぜここまで大きな被害が出たのか理解できない」と伝えた。資料写真。
2018年7月10日、韓国・YTNは、西日本を襲った大雨による死亡・行方不明者が200人に達していることを受け、「自他が認める防災先進国の日本でなぜここまで大きな被害が出たのか理解できない」と伝えた。

集計された死亡・行方不明者だけで200人を超える西日本の豪雨被害。長崎に降った大雨で299人の死亡・行方不明者が発生した1982年以降、平成で最悪の水害被害となった。

YTNは日本の気象庁が大きな被害が予想される地域に大雨特別警報を発令したものの、この内容が住民に適切に伝達されていなかったことなど、自治体の対応の不備を指摘している。また住宅街の斜面崩壊で数十人の犠牲者が発生した広島では、数年前から軟弱地盤の問題が提起されていたにもかかわらず対策を行っていなかったことも紹介している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「地震対策は十分でも豪雨への備えが不足していたんだな」「自然の力にはあらがえない」「天災を人間が防ぐには限界がある」「人が対処できる水準を超えた災害だった」などの意見が寄せられた。

また「日本だからこの程度の被害で済んだんだ」と、日本の防災水準に言及する意見も見られた。

その他「日本の防災への不備を指摘する前に韓国の大事件・事故への対応に目を向けるべきだ。自然災害はいくら備えても限界があるが、セウォル号事故のような災害は防げる。国の取り組みが情けないことこの上ない」と指摘するコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/12 09:47)

    問題点なんて幾らでもある。 ・地球温暖化による気候変動は以前から指摘されていたのに、いつまでも「従来の気候」を元に災害予測を立てている事。 ・災害「後」の備えはそれなりだが、「防災」に関しては上記の理由から不十分である事。 ・警鐘を鳴らし、問題点を指摘する声は伝統的に無視される事。 ・経済優先で、財界が潤わない事は後回しにされるという事。 ・日本経済の長期低迷による予算不足と、その有限な財源の無駄遣い。 ・災害時に総理大臣が遊び呆けている。 大地震を含め、これからまだまだ大きな災害が予測されている。 国政を担っている国会議員にはもっとしっかりしてもらわなければならないのだが、国会議員は保身と権力闘争で忙しいようだ。特に与党議員は「国民の生活が大事なんていう政治は間違ってる」これが本音なのだろう。 まあ、そもそも国会議員を選んでいる国民が思考回路の停止した人間ばかりなので仕方のない話か。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 高山***** | (2018/07/11 19:04)

    今更かい?いつも日本をストーカーみたいに注目してるじゃん?韓国の気象予報は必ず日本遅れだね?日本の気象予報をパクってんだろ。敵国なんだよ、君らは!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事