Record China

ヘッドライン:

「核爆弾?」「在韓米軍の撤退?」トランプ大統領から金委員長への贈り物、韓国ネットの予想は…

配信日時:2018年7月11日(水) 18時20分
拡大
11日、KBSなど複数の韓国メディアは、米国のドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長へのプレゼントを準備していると伝えた。資料写真。

2018年7月11日、KBSなど複数の韓国メディアは、米国のドナルド・トランプ大統領が北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長へのプレゼントを準備していると伝えた。

トランプ大統領は6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談で金委員長に「『ロケット・マン』の歌を知っているか」と聞いたことを思い出し、プレゼント用のCDを準備していると伝えられていた。

トランプ大統領は今月10日(現地時間)、ベルギーのブリュッセルで11~12日に開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に向け出国する前の記者会見で、エルトン・ジョンの楽曲「ロケット・マン」が入ったCDを金委員長にプレゼントしたのかとする質問に「彼ら(マイク・ポンペオ長官など訪朝団)は渡さなかった。私が持っている」と回答したという。

またトランプ大統領は「しかし一定の時期に渡されるだろう」と述べ、CDを金委員長にプレゼントする意思があることを明らかにした。さらに「私は彼(金委員長)のために小さなプレゼントを準備中だ」とも述べたとのこと。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「何だ?そのプレゼントって」「小さな贈り物って何?核爆弾か?」「キーホルダーみたいな、本当にささやかなプレゼントだったりして」「斬首部隊だろう」「在韓米軍の撤退か?」など、トランプ大統領の言う小さなプレゼントに関心を寄せる意見が多く見られた。

その他に「トランプとの約束を破ったら大変なことになるから、金正恩も今度は(核放棄の)約束を守るだろう」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

揺らぐ戦後秩序、『“西洋”の終わり』が現実に=トランプ「米国ファースト」と習近平「中国の夢」が加速

第2次大戦後に民主主義と分権化された社会システムを主導してきた「西洋」といわれる国々の理念が、大きく揺らいでいる。「自国第一」を掲げるトランプ政権の登場や「中華の夢の復興」を目標とする中国の台頭により加速している。資料写真。

八牧浩行
2018年6月22日 5時0分
続きを読む

ランキング