麻原彰晃の死刑執行に見る、日本と中国の共通点―中国メディア

配信日時:2018年7月11日(水) 11時20分
麻原彰晃の死刑執行に見る、日本と中国の共通点―中国メディア
画像ID  1004900
10日、環球時報は、オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚に対する死刑執行について、人権団体から不満の声が出ていると報じた。資料写真。
2018年7月10日、環球時報は、オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚に対する死刑執行について、人権団体から不満の声が出ていると報じた。

記事は「アムネスティ・インターナショナルなどの人権組織が現在、麻原の死刑執行に対して『彼の死は正義をもたらさない』と非難している。ある日本人メンバーは『正義は責任を求めるが、全ての人の人権も尊重する』とのコメントを出した」と伝えた。

その上で「日本メディアの報道や日本のネットユーザーのコメントを見ると、大多数の日本人が麻原の死刑に賛成しており、むしろ執行が遅かったという声が多数出ている。死刑制度を支持しない一部の人も、麻原の罪は死刑に値すると考えているようだ」としている。

また「日本国内には『麻原を死刑にすべきでない』と考える人も一部にいるが、その出発点は人権ではなく、麻原が死ぬことによって未だ解明されていない疑問が迷宮入りしてしまうという点だ。この考え方も確かに一理ある」と指摘した。

記事は「極悪な犯罪者に死刑を執行することについて、日本も中国も強い民意を踏まえているという点で一致している。それにもかかわらず、多くの『人権団体』や一部西側諸国が攻撃をしてくる。日中両国の政府にとってみれば、現実の民意を反映すること、悪人に究極的な恐怖を与えることは、とっくに『異質化』してしまった『人権』に比べて明らかに多くの意義を持つものだ」と論じている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/12 09:28)

    >>麻原が死ぬことによって未だ解明されていない疑問が迷宮入りしてしまうという点 これは大きいし、一部では「口封じ」されたのではないかという話も出ている。 とかく日本の政治屋とカルト宗教の結びつきは強い。 フランスでは創価もカルト認定されているし、幸福の科学や統一教会、新旧の宗教団体が母体となっている極右カルトである日本会議。枚挙に暇はないが、「政教分離」が原則であるはずの日本の政治の実態は、その原則に反して宗教とベッタリだ。 何故今このタイミングで? という疑問は尽きない。被害者遺族の心情を考えると「死刑という罰」自体は批判はできないが、この死刑によって闇に葬られたものは一つではあるまい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/07/11 12:53)

    日本とはかなり違うだろ~。どっちかってーと欧米には近いのかも知れん。 第六サティアンで容疑者を見つけた時点で米中なら抵抗したことにし即座に射殺して無駄な税金と裁判の手間ががかかるのを省略してたかもな。そして北朝鮮ならば確保した後に公開処刑で蜂の巣だな。 その点では日本はまだまだ無駄が多いのかも? 人権団体!?以前からロクでもねぇ嘘つき連中しか居ねぇよな~。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • X X***** | (2018/07/11 12:17)

    失礼極まりない、ゴロつきな国と先進な民主と比べるな!!!!!
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事