西日本豪雨で170年前からある橋が流される、嘆く住民に中国でも心配の声「人命第一」

配信日時:2018年7月10日(火) 13時40分
西日本豪雨で歴史的な橋が流される、嘆く住民に中国でも心配の声
画像ID  1004599
9日、中国紙・新京報は、西日本を中心とした記録的豪雨で、広島県呉市では、約170年前に黒瀬川にかけられた歴史的な木造の橋の真光寺橋が洪水によって流され、地元住民から嘆きの声が上がっていることを伝えた。写真は広島の被災地。
2018年7月9日、中国紙・新京報は、西日本を中心とした記録的豪雨で、広島県呉市では、約170年前に黒瀬川にかけられた歴史的な木造の橋の真光寺橋が洪水によって流され、地元住民から嘆きの声が上がっていることを伝えた。

記事は、日本メディアの報道を引用し、「真光寺橋は両端から折れて流され、下流の鉄製の橋に激突し、濁流に飲み込まれた」と紹介。地元住民から「子どもの頃よく遊んでいたので寂しい」などの声が上がっているとし、広島県内ではこれまでに43人が死亡したことを伝えた。

中国のネット上では「人命第一」「人々の無事と一刻も早い回復を祈る」などと心配する声が上がっている。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事