2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

あの日本アニメは適当につくられたものではなかった!現実世界で多くが実現=中国ネット「マジで神」「全部うそだと思ってた」

配信日時:2018年7月10日(火) 0時50分
あの日本アニメが改めてスゴい!「マジで神」「全部嘘だと思ってた」
画像ID  1004323
7日、中国版ツイッター・微博で、ある日本のアニメに関する動画が注目を集めている。写真は16年6月、「キャプテン翼」作者の高橋陽一さんが手がけることになった中国の3Dアニメ映画「足球隊長」の製作発表会。
2018年7月7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、ある日本のアニメに関する動画が注目を集めている。

そのアニメとは「キャプテン翼」だ。2人が同時にシュートを放つ「ツインシュート」など、奇想天外な「必殺技」が数々登場する同作だが、微博上では「キャプテン翼は適当につくられたものではなかった。これらのプレーは現実の中でいずれも実現できる!」という書き込みが複数登場。添えられた動画には、キャプテン翼のシーンに続いて、実際のサッカーの試合の中で同じプレーが起きた様子が映っている。

上述のツインシュートに加えて、2人の選手がオーバーヘッドで空中にあるボールを蹴り合うシーン、シュートがゴールネットを突き破るシーン、ヒールリフトで相手をかわすシーン、ドリブルの中でタックルに来た相手をボールを浮かせてかわすシーン、ドライブ回転がかかり強烈に曲がって落ちるシュートが決まるシーン、3人の相手選手に囲まれながらもドリブルでキープするシーンなどだ。

この動画に、中国のネットユーザーからは「キャプテン翼はマジで神」「小さい頃よく見てたけど、全部うそだと思ってた。ある時、テレビのサッカーの試合でオーバーヘッドを見て震えた」「ヒールリフトは小さい頃に見て、何カ月も練習したなあ」「日本のアニメはプロの作品。すべてがロジックの中にある」といったコメントが寄せられている。

また、「中国にはこんなアニメないからうらやましい。と同時に、小さい頃にスラムダンクとかキャプテン翼とか見られて幸せだった」「幼稚園の時、毎日家に帰るとすぐにキャプテン翼を見ていた。本当にサッカーを広めた作品」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/07/10 06:57)

    〈キャプテン翼〉以前のスポーツ漫画は『巨人の星』『アタックNO1』のように、血と汗と涙にまみれてするものと決まっていた。〈翼〉のように楽しんでサッカーをして最後は勝利するとは、まさに日本漫画の転換点だったろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事