西日本の豪雨被害に台湾トップが相次ぎお見舞い、「日本のことばかり」と批判の声も―中国紙

配信日時:2018年7月9日(月) 15時40分
西日本豪雨に台湾トップがお見舞い、「台湾内で批判の声」と中国紙
画像ID  1004196
8日、、西日本の記録的な豪雨被害で、台湾の頼清徳行政院長が7日、「被害が最小限に収まるよう、日本のために心から祈る」と記した。写真は広島の被災地。
2018年7月8日、環球時報(電子版)によると、西日本を中心とした記録的な豪雨被害で、台湾の頼清徳(ライ・チンダー)行政院長が7日、自身のフェイスブックに「救助活動が順調に進み、被害が最小限に収まるよう、日本のために心から祈る」と記した。記事は、「台湾のネット利用者の間では批判の声が上がっている」と伝えている。

台湾・中国時報(電子版)によると、頼氏のフェイスブックのコメント欄には「台湾もたび重なる大雨の被害に見舞われ、何度も被災者を産んできた。まずは足元の問題を解決すべきだろう。人々の血税を、どうでもいい政党のために使わないでほしい。まずは自分の国のケアをしてから、よその国を気にかけるべきだ」などの批判が上がったという。一方で、「日本に神のご加護を。頑張れ」というユーザーもいたと伝えている。

一方、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統も7日、自身のツイッターで、西日本で発生した豪雨被害の被災地に、お見舞いと早期復旧を祈るメッセージを日本語で投稿。「台湾は日本が必要とするあらゆる支援を行う用意があります」と記した。これについて環球時報は、「台湾のネット利用者からは『すごいな。今週は台風が台湾を直撃するのに、日本を先に心配するのか。台風が大きくても怖くないな』などと皮肉の声があがった」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/10 14:15)

    まあ、「余力」があれば、でいいと思うけどね。気持ちは嬉しいけど、まずは自国を優先して欲しい。確かに、台湾もまた台風の通り道なんだし。 日本の場合、何かにつけて見通しの甘い政府や役人の人災的側面もあるし、友好国の手を煩わせてしまうのは申し訳ない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/07/09 20:14)

    それはそれ、これはこれ。 お見舞いを言うのに時間も金もかからない。台風なんて何回も来るんだから来る前から何の用意をするのか、とっくにやってるよ。台風経験したことがないのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事