西日本豪雨を体験した中国人留学生「日本人は落ち着いていたけど…」―中国紙

配信日時:2018年7月10日(火) 14時40分
西日本豪雨を体験した中国人留学生「日本人は落ち着いていたけど…」
画像ID  1004195
中国紙・長江日報は9日付の記事の中で、西日本豪雨を体験した中国人留学生の談話を紹介した。写真は豪雨被害の様子。
中国紙・長江日報は9日付の記事の中で、西日本豪雨を体験した中国人留学生の談話を紹介した。

記事は、大阪の大学に留学中の男性に話を紹介。男性は「先週木曜日、授業を受けていたら、警報を受信して携帯電話が鳴った。クラスじゅうの携帯電話も鳴っていた。当時、日本人のクラスメートや教授は落ち着いていたけど、私たち留学生はとても怖かった。初めて土砂災害警戒情報の速報を受け取ったので」と語る。

携帯電話には周囲の避難所の情報も送られてきたため、「避難した方がいいのではないか」と悩んだ。学校の近くを流れる箕面川も「普段は穏やかだけど、豪雨のあとは流れが急になった」という。

7日朝、男性は学校から「すべての学生は自宅待機を」とのメールを受け取った。「聞いたところでは、当日は大阪の電車や地下鉄に影響が出た。交通まひが起きていて、サラリーマンや学生が歩いたり、タクシーに乗ったりして帰宅していたようだ」と話した。

SNSなどで豪雨被害の情報を交換しているという男性は、「京都に住んでいる友人が鴨川の様子を映した動画と写真を見せてくれた。美しくてきれいで有名な観光地だが、豪雨の後には様変わりしていた。水位が明らかに上昇していて、川沿いの家にも達しそうだった。水もとても濁っていた」と話している。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事