米駆逐艦2隻が台湾海峡航行=台湾各部門が立場表明―米華字メディア

配信日時:2018年7月8日(日) 12時10分
米駆逐艦2隻が台湾海峡航行=台湾各部門が立場表明
画像ID  1004038
7日、米華字メディアの多維新聞網は、米駆逐艦2隻が同日、台湾南部の海域から台湾海峡に進入したことを受け、台湾の各部門が立場を表明したと報じた。資料写真。
2018年7月7日、米華字メディアの多維新聞網は、米駆逐艦2隻が同日、台湾南部の海域から台湾海峡に進入したことを受け、台湾の各部門が立場を表明したと報じた。

記事によると、台湾国防部は、米駆逐艦のマスティン(DDG-89)とベンフォールド(DDG-65)が7日、台湾南部の海域から台湾海峡に入り、北東方向に向けて通過したと発表した。

台湾総統府の黄重諺(ホアン・ジョンイエン)報道官は同日夜、「台湾はかねてから台湾海峡と地域の平和・安定を重視している」とし、「台湾は国際社会の責任ある一員として今後も両岸(台湾と中国)の現状維持に努め、アジア太平洋地域の平和と繁栄、発展を確保していきたい」とコメントした。

台湾外交部の李憲章(リー・シエンジャン)報道官は、「安全保障部門と協力し、情勢に注意している」とし、(台湾への軍事圧力を強める中国を念頭に)「絶えず高まる軍事的脅威に対応するため、国防への投資を加速して防衛能力を強化する」とした。

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は先月、米国が軍艦の台湾海峡通過を検討していると報じられたことを受け、「台湾問題は中米関係において最も重要かつ最も敏感な核心的問題だ」とし、米国に対し「中米関係と台湾海峡地域の平和・安定が損なわれぬよう、『一つの中国』原則及び中米間の3つの共同コミュニケの規定を的確に順守し、台湾問題を慎重に取り扱うべきだ」とコメントしていた。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事