2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人観光客乗せたプーケットのボート転覆事故、船主と技術者を逮捕へ―タイ

配信日時:2018年7月15日(日) 13時10分
中国人観光客乗せたプーケットのボート転覆事故、船主ら逮捕へ―タイ
画像ID  1004008
15日、中国紙・新京報は、中国人観光客40人以上が亡くなったタイ・プーケットのボート転覆事故で、地元の裁判所が、事故を起こしたフェニックス号の26歳の船主と56歳の技術者について、過失致死傷罪で逮捕を許可したと報じた。
2018年7月15日、中国紙・新京報は、中国人観光客40人以上が亡くなったタイ・プーケットのボート転覆事故で、地元の裁判所が、事故を起こしたフェニックス号の26歳の船主と56歳の技術者について、過失致死傷罪で逮捕を許可したと報じた。

タイ南部のリゾート地、プーケット島沖で5日、中国人観光客らを乗せたボートが強風と高波のため転覆し、47人が死亡、48人が負傷した。

この事故では、ボートを運航する会社経営者が中国籍であり、旅行団側も現地の気象当局が暴風を予想して出航を見合わせるよう警告したにもかかわらず無視したと伝えられ、中国で「零元団」と呼ばれる格安団体旅行との関連性が指摘されていた。だがタイ国家警察庁の幹部は13日、「これまでに把握している状況から、事故と零元団は無関係だ」との認識を示したという。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/07/15 20:39)

    >事故を起こしたフェニックス号の26歳の船主と56歳の技術者について、過失致死傷罪で逮捕を許可した このふたりに〈過失責任〉を問いても、被害者に大した賠償金は払われないだろう。タイ政府が責任を取るかが、今後の焦点となるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事