松本智津夫死刑囚の刑執行に、中国ネット「東野圭吾の小説で…」

配信日時:2018年7月6日(金) 15時50分
松本智津夫死刑囚の刑執行、中国ネットから「東野圭吾の小説で…」
画像ID  1003490
6日、地下鉄サリン事件などで死刑が確定していた松本智津夫死刑囚の刑執行が中国でも報じられた。写真は東京。
2018年7月6日、地下鉄サリン事件などで死刑が確定していた松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の刑執行が中国でも報じられた。この報道に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

松本死刑囚の刑執行は中国の複数のメディアが報じており、央視新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)での報道に対するコメントは600件以上に上っている。その内容は地下鉄サリン事件について説明するものや、死刑に関する自身の考えを述べたもの、事件被害者やその遺族に思いを寄せるものなどさまざまで、中には「最近読んだ東野圭吾の『幻夜』で事件のことを知った」「日本に死刑があったの?」という書き込みも見られた。

また、新浪新聞の微博アカウント・微天下の記事にも500件以上のコメントが寄せられており、あるネットユーザーは「平成元年に事件(坂本堤弁護士一家3人の殺害事件)が起こり、平成の最後で…」とつぶやいていた。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事