米国でやり玉に上がるファーウェイ、日本のあの企業にしわ寄せか―米華字メディア

配信日時:2018年7月7日(土) 6時0分
米国でやり玉に上がるファーウェイ、日本のあの企業にしわ寄せか
画像ID  1003475
6日、米華字メディアの多維新聞は、中国ファーウェイと協力関係にあるソフトバンクについて、傘下企業の合併計画が調査を受ける可能性があると伝えた。写真はファーウェイ。
2018年7月6日、米華字メディアの多維新聞は、中国ファーウェイと協力関係にあるソフトバンクについて、傘下企業の合併計画が調査を受ける可能性があると伝えた。

記事は、米ブルームバーグ通信の報道を引用。それによると、「ソフトバンクグループ傘下の米国の携帯電話4位スプリントと、同3位のTモバイルUSの合併計画をめぐり、米議会が安全保障上の脅威にならないか調査をするよう求めている」という。記事は「ソフトバンクが中国の通信技術企業ファーウェイと協力関係にあることを一部の米国議員が問題視しているためだ」と伝えた。

記事は、「スプリントとTモバイルUSの合併には、対米外国投資委員会(CFIUS)の承認が必要だが、米国の下院議員らは、CFIUSがこの2社の合併について安全保障面での調査を行うよう求めている」と報道。「ソフトバンクは、スプリントとTモバイルUSが合併した際に27%の株式を保有し、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、合併した企業の取締役に就任する予定だ」と紹介した。

また記事は、「ソフトバンクは、次世代通信規格『5G』の実証実験などの方面でファーウェイと協力関係にあり、米国の議員らはCFIUSに対し、米国の技術が中国へ流れるリスクについて厳格に審査をするよう要求している。米議会は、中国企業による投資などを制限するため、CFIUSの権限を強化する法案を現在審議している」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sya***** | (2018/07/07 13:24)

    ソフトバンクの孫正義はやはり日本人のDNAがないから、日本人ならしないことをして、のしてきたが、日本の国益を害する国賊になっている。 日本の金融機関から、騙しに近い融資を得て、虚業をどんどん拡大している。 日本の銀行を破壊してしまうのではないか! 日本の銀行のTOPは、すべてサラリーマンだから、かなり無責任だ。 まあどうなるのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/07 07:50)

    >ソフトバンクが中国の通信技術企業ファーウェイと協力関係にあることを一部の米国議員が問題視している ソフトバンクが問題視されるのはファーウェイと関係しているからではなく、ソフトバンクの代表が〈中国系〉だからだろう。中国系はすべて中国政府の手先という考えは偏見に満ちている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/07/07 06:39)

    ソフトバンクは日本企業では無く反日企業だから要注意だ。中国に近付き過ぎている、さっきここで百度と組んで自動運転を日本で実用化するらしい記事が有ったが、これとて日本を売り渡そうとしているかどうか要注意なのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事