「中国人だとバレたくない」在日中国人の劣等感は“自らが生み出したもの”―中国版ツイッター

Record China    2012年6月19日(火) 15時25分

拡大

17日、香港系のテレビ局・フェニックステレビの日本駐在員が、自身のマイクロブログに「出身を隠したがる在日中国人」について綴った。写真は中国国旗を持つ少女。

(1 / 2 枚)

2012年6月17日、香港系のテレビ局・フェニックステレビ(鳳凰衛視)の日本駐在員が、自身のマイクロブログに「出身を隠したがる在日中国人」について綴った。

その他の写真

日本のある最新世論調査で、日本人の対中イメージが過去最低になったと聞いた。在日中国人の境遇が厳しくなっていることは想像に難くない。時々、出身国を隠したがる中国人と出会う。コンビニでアルバイトをする留学生が、胸につけた名札を見えにくいように別の何かで隠したり、また、名札を見て中国人とわかった店員に中国語で話しかけたら、「中国語を話したくない」と返されてしまったり。

この投稿に対して、コメント欄には在日中国人からのさまざまな意見が飛び交った。

■同意派

日本に来る中国人は、大きく分けて4種類いる。低賃金で就労する研修生は社会的地位も低く、長くて3年間の苦しい工場労働などに従事する。そして、同じく苦学に励む留学生。借金をして来日し、生活費のためのアルバイトに明け暮れ、学業に集中する時間はない。それから、日本人とほぼ同じ待遇で就労する社会人。そして、日本に遊びに来る金持ち旅行者だ。

そして、僕自身は留学生だ。日本に来たばかりのころは、誇りを持って「わたしは中国人です」と自己紹介していた。しかし、多くの日本人は中国人に偏見を持っているとわかった。その偏見を生んだのは、日本に来てルールを守らない中国人たちでもあり、自ら望んでこうしたイメージをつくりあげた中国政府でもある。

僕はアルバイトしている時には、中国人だとばれないようにしていた。見下されているという劣等感があったからだ。周囲の友人もほとんどみんなそうだった。一部在日中国人の悪行、訪日観光客のマナー違反、中国製のコピー商品、共産党の人権無視。僕らの劣等感をつくったのは日本人じゃない、自分自身で生んだものなのだ。

■反対派

たとえ中国人のお客さんがいらしても、仕事中は日本語を話すのがルールでは?ここは日本なのだから。もし中国のスーパーマーケットで、店員と客がまるで知らない言語で話をしていたらどう思うだろうか?これこそ中国人が劣等感を持っている証拠、日本に来ていったい何年経つの?(翻訳・編集/愛玉)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携