まるでコピペしたような人だかり、中国の若者が日本で目にした奇妙な光景―中国コラム

配信日時:2018年7月8日(日) 18時50分
まるでコピペしたよう、中国の若者が日本で目にした奇妙な光景
画像ID  1002970
中国版ツイッター・新浪微博で7月3日、日本を旅行した中国人の若者がつづったコラムが掲載された。コラムでは中国人の目線から感じた日本の不思議なことを紹介している。写真は電車の車両。
中国版ツイッター・新浪微博で7月3日、日本を旅行した中国人の若者がつづったコラムが掲載された。コラムでは中国人の目線から感じた日本の不思議なことを紹介している。以下はその概要。

大学に通った4年間、ずっと「卒業したら日本に遊びに行きたい」と友人に話していた。まさか実現するとは思わなかった。今回の旅行は楽しかっただけでなく、出会った人に驚くこともあり、日本という国に対してとても良い印象を持った。

東京の駅でコインロッカーを探していた際、駅の関係者らしきおじいちゃんが流ちょうな英語で場所を教えてくれ、私たちの荷物を見て、わざわざ大きなコインロッカーがある場所まで連れて行ってくれた。

東京から富士山に向かうバスの運転手もおじいちゃんだった。私は最前列に座っていたため、外や運転手のおじいちゃんの様子がよく分かった。横断歩道の端で女の子が立ち止まっていると、おじいちゃんは車を止める。女の子は走って渡りながらおじいちゃんにお礼し、おじいちゃんも笑顔で返していた。日本に滞在した短い期間で、私も走りながら譲ってくれた運転手にお礼をする技を身につけた。

観光名所で観光客の写真を撮ってあげるおじいちゃん。雨の京都で傘をプレゼントしてくれたタクシー運転手のおじいちゃん。日本のおじいちゃんの親切さは、私に大きな衝撃を与えた。

衝撃を受けたといえば、東京の地下鉄駅の光景。車両内はシャツの白とスーツの黒の色しかなく、まるでコピペしたかのような人だかりだった。大阪では、ブランドショップやゲームショップ、アニメ関連のショップで仕事帰りと思われるスーツ姿の人をよく見かけ、奇妙に感じたものだ。もっと奇妙だと思ったのは、スーツ姿のおじさんがカバンから漫画の雑誌や単行本を取り出したことだ。確かに、電車のドアの注意喚起のイラスト、痴漢撲滅のイラストなど、日本では漫画の要素を至るところで確認できる。

富士山のジブリに出て来そうな風景、東京のアニメに出て来る制服姿の少年少女、さらに、ドラえもんののび太くんの家のような住宅を目にし、想像の中だけに存在していたものが現実になった感覚に強く襲われた。

空港で9日間の旅行を思い返してみたが、本当の夢のようにあっという間だった。私は「またここに来られますように」との願いを胸に秘め日本から飛び立った。(翻訳・編集/内山
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sea***** | (2018/07/10 00:42)

    日本でいい思い出が出来てよかったですね。 私は京都でタクシーに乗ったらわざと遠回りされました! 指摘してもなんやかんや言って話になりません。 東京人なので言葉でよそものとすぐにわかります。 タクシーのナンバーなど写メにとっておけばよかったと後悔しています。 ひょっとすると外国人に対しても同じことをしている京都のタクシー運転手がいると思います。 日本人も全てがよいわけではないのでお気をつけて!
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事