<W杯>日本代表のロッカールーム清掃を中国紙が論評=「何の論争を呼ぶものでもない」の真意は?

配信日時:2018年7月4日(水) 11時10分
日本代表のロッカールーム清掃に、中国紙「論争呼ぶものではない」
画像ID  1002606
4日、環球時報は、サッカー・ワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた日本代表が帰った後のロッカールームの様子に関する評論記事を掲載した。写真は日本代表ユニフォーム。
2018年7月4日、環球時報は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに敗れた日本代表がロッカールームをきれいに清掃したことに関する評論記事を掲載した。

国際サッカー連盟(FIFA)のゼネラル・コーディネーターを務めるプリシラ・ジャンセン氏が日本対ベルギー戦後に撮影した日本代表ロッカールームの写真が、ネット上で注目を集めた。チームが去った後のロッカールームはきれいに片付けられ、ロシア語で「スパシーバ」(ありがとう)と書かれたメッセージが残されていたという。

記事は「この写真は中国でも反響を呼んだ。近年、日中両国市民の接触が多くなったことで、中国社会は広く日本公民のマナーや道徳意識を認識するようになり、多くの人がポジティブな見方をするようになるとともに、自らを反省するようにもなった。しかし一方で、単に称賛するだけでなく『日中間の対立により常に日本を批判する人に対するそしり』や『日本人による小さな善行で、その歴史問題をあいまいにすることはできない』などといった議論も巻き起こしている」とした。

その上で、「歴史問題に対する認識や、米国の対中抑制政策で日本が大きな役割を果たしていることが要因にあるが、中国社会内部ではここ数年、ある程度の価値観の分裂が生じており、外部世界で起こる本来はシンプルであるはずのさまざまな現象を複雑化して論争を巻き起こすケースがますます多くなっている」と指摘した。

記事は、「日本代表や日本サポーターによる試合後の素晴らしい行動は、何の論争を呼ぶものでもない。しかし中国のネット上ではすぐに論争が白熱化する。これは中国が発展する上での一つの段階なのかもしれない。われわれが前進することにより、こういった論争は少なくなるだろう。他人が良いことをした時には、そのことについて称賛すべきだ。たとえ何か思うところがあったとしても、とかく話をこじらせたり、敏感なものにすべきではないのである」と論じている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事