Record China

ヘッドライン:

苦労して育てたのに…河南省で10トン以上のスイカが一晩で全滅させられる=「どうしてみんな村から出たがるかよく分かる」―中国ネット

配信日時:2018年7月5日(木) 23時0分
拡大
2日、観察者網は、河南省登封市の農家が育てたスイカ10トン以上が、わずか一晩の間に何者かによって全滅させられたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はスイカ。

2018年7月2日、観察者網は、河南省登封市の農家が育てたスイカ10トン以上が、わずか一晩の間に何者かによって全滅させられたと伝えた。

記事によると、農家の王彦明(ワン・イエンミン)さんは先月29日午後11時過ぎ、家族が収穫した唐辛子を次の日の朝市で売ってしまいたいと思い、いったん畑から家に帰った。30日午前3時までかけて唐辛子を車に乗せ、同8時には唐辛子を完売して畑に戻ったという。

ところが、畑に着いてみると、苦労して育てたスイカが、刃物のようなもので切られているのを発見。よく見てみると、スイカすべてに切られた跡があり、誰かにやられたことを悟ったという。

王さんは「最初は、通りすがりの人のいたずらで、道路際のスイカがいくつかやられただけかと思った。でも畑に入ってみて、すべてのスイカがやられていることが分かった。切り口は長いもので30~40センチ、短いものでも5~6センチあり、何カ所も切られているスイカもあった」と語った。

王さんによると、あと10日ほどで出荷する予定で、天候に恵まれた今年は10トン以上の収穫を見込んでいたという。2万元(約34万円)以上の収入が期待されたが、王さんは「盗まれたのならば少なくとも誰かに食べてもらえ、こんなにも嘆くことはなかった。少なくとも浪費にはならない」とも発言。被害に遭ったスイカの量が多いため、警察は刑事事件として捜査を始めている。

これに対し、中国のネットユーザーから「家族みんなが期待している収入だろうに」「変態だ。重刑にすべき」など、非難するコメントが多く寄せられた。

また、「一部の人間は、自分ができていないのに他人ができているのを見て、被害を及ぼす」「そんなに複雑なことではない。同じ村人からねたまれたのだろう」「どうしてみんな村から出たがるかよく分かるよ。これが原因の一つだ」などのコメントもあり、農村部の人間関係もなかなか複雑なようだ。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

スイカの彫刻、村民に5億円の増収もたらす―中国

浙江省湖州市徳清県雷甸鎮成人文化技術学校の製造工房内で3日、現地の村民たちがスイカ彫刻技術を学んでいた。普通のスイカを牡丹の花などに彫刻する様子を目の当たりにし、毎日似たような形のスイカを見続けているスイカ農家は驚きの表情を見せていた。

人民網日本語版
2018年6月5日 23時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング