本田圭佑が最後のW杯を明言=中国ネットからは惜しむ声

配信日時:2018年7月3日(火) 15時40分
本田圭佑が最後のW杯を明言=中国ネットからは惜しむ声
画像ID  1002332
3日、サッカー日本代表MF本田圭佑が、ロシアW杯での日本の敗退を受け、次のW杯に出場しない意向を表明したことが中国でも話題になっている。
2018年7月3日、サッカー日本代表MF本田圭佑が、ロシアW杯での日本の敗退を受け、次のW杯に出場しない意向を表明したことが中国でも話題になっている。

中国のスポーツメディアの騰訊体育は3日、「ロストフナドヌーでの壮絶な敗戦を受け、日本の黄金世代の代表が手を振って別れを告げた」とし、本田が「これが最後のW杯」と発言し、次回大会出場を否定したことを伝えた。

記事は、本田がW杯について「このためにやってきた」「人生のすべて」「実力を出し切ったっていう意味では悔いはない」などとし、優勝という目標が果たせなかったことに関して「この意志を次の若手に引き継いでもらいたい」と述べたことを伝えた。

この話題について、中国のサッカーファンからは「ベルギー戦の無回転FKは芸術的。もっと見たかった」「日本は新たな歴史をつくるまであと一歩だった。W杯でその勇姿を見られなくなるのは残念」など、本田のW杯最後宣言を惜しむ声が挙がっていた。

また以前、本田の中国スーパーリーグ移籍がうわさされたことから、「次のステージは中国で」と、中国クラブ入りを願う声も寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事