高速鉄道輸出で再三壁にぶち当たる中国、突破口は…―中国メディア

配信日時:2018年7月4日(水) 7時0分
高速鉄道輸出で再三壁にぶち当たる中国、突破口は…―中国メディア
画像ID  1002298
2日、第一財経は、中国高速鉄道が世界でのマーケット拡大に向けて再三壁にぶつかっており、突破口を模索中であると伝えた。
2018年7月2日、第一財経は、中国高速鉄道が世界でのマーケット拡大に向けて再三壁にぶつかっており、突破口を模索中であると伝えた。

今年5月、マレーシアのマハティール首相が、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道プロジェクトを中止する意向を示した。しかし、先日取材を受けた際には「中止ではなく、コスト引き下げが実現するまで延期する」と発言が変化した。

記事は「国内から世界に向けた、中国高速鉄道の国際化は決して順風満帆ではない。相手国に対する各種の難題に直面するとともに、安全性、互換性、省エネ・環境保護といった重要な問題に対する改善が急務になっている。また、ドイツ、フランス、日本などの高速鉄道大国との競争の中で、いかに強みを発揮するかも課題だ」とした。

西南交通大学校長で中国鉄道学会副理事の徐飛(シュー・フェイ)氏は「鉄道大国はそれぞれ自身の強みを持っているため、競争が日増しに激しくなっている。例えば日本の川崎重工は低い抵抗力、軽量化、防災性にたけている。わが国は後発者として建設規模、充実したシステム、営業速度、コストパフォーマンスなどの面で強みを持つ」と語っている。

徐氏はまた「中国高速鉄道の世界進出に当たっては、ターゲットとする市場の障壁、自らの競争力や優位性に基づき、地域によって異なる戦略を立てるべき。東南アジアにおいては企業を現地化させ、現地の文化、社会、経済環境に融合させることが必要。また、技術開発、製造、サービスを一体化した総合的な能力を培うべきだ」と指摘した。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/07/05 10:44)

    プライド高き中国を他国は舐めて居ることに何故気が付けないのか? 例えばインドネシアの高速鉄道にしても自分達が中国に依頼しておいて鉄道を作る場所さえ買収してないとなった時何故中国は、インドネシア内の事はインドネシアがしなさいと指摘するべきだった。 プライドが高過ぎるからインドネシアに、騙されてるのではないのか? インドネシアが土地を高く設定して交渉して土地を高く売りつける事で、工事費を下げさせようとしているのではないか? そもそも日本からインドネシアの鉄道事業を勝ち取ったと思い込まされているが現実、日本政府は、国と国との話し合いはするがインドネシアの鉄道会社と日本政府との話し合いで仕事は受けないと宣言しただけ。 中国は、鉄道を作らせて貰うのではなく、作ってあげる側なのだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/07/04 07:16)

    価格、建設速度は安全性に反比例する事が知れ渡り、全ての国で着工トラブルでの遅延は優位性を帳消しにし、更に害をなしているのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/04 07:07)

    >中止ではなく、コスト引き下げが実現するまで延期する 中国の高速鉄道は〈国策事業〉だから政府からの援助を受けている。外国で同じ鉄道を建設すれば、その国の政府が資金援助しない限り、中国より高い運賃を支払わなくては採算が取れなくなる。鉄道建設の入札をするとき、その事情をきちんと説明していれば、中国に発注されることもなかっただろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事