「日本に学んで高速鉄道を」の提案に、国民党が「媚日」と反発―台湾

配信日時:2018年7月3日(火) 18時20分
「日本に学んで高速鉄道を」の提案に、国民党が「媚日」と反発―台湾
画像ID  1002293
2日、中国台湾網は、台湾・民進党の立法委員が「日本に学んで2本の高速鉄道の建設を」と発言したことに対し、国民党から「媚日だ」との反発が出たと報じた。資料写真。
2018年7月2日、中国台湾網は、台湾・民進党の立法委員が「日本に学んで2本の高速鉄道の建設を」と発言したことに対し、国民党から「媚日だ」との反発が出たと報じた。

台湾メディア・中国時報電子版の2日付報道によると、民進党の鍾佳浜(ジョン・ジアビン)立法委員は同日、日本を例に挙げ、台湾の交通当局に対して2本の高速鉄道を建設して競争、刺激させ合うことを提起した。

これに対して国民党の洪孟楷(ホン・モンカイ)広報はフェイスブック上で「日本の土地面積は台湾の10倍、人口は台湾の5倍余りだ。小学2年生の算数ができれば分かるだろう。台湾に高速鉄道を2本造るのは非現実的だ。本当にニーズがあったら民進党の立法委員が言わなくても、民間企業がとっくに要求を出しているはずだ。現在高速鉄道が1本しかない理由は、市場が飽和状態にあるから。鍾氏の発言は、明らかに現実から大きく乖離(かいり)している」と指摘した。

さらに「市場の大小を考えず、日本にこびてばかりいる。泣くに泣けず、笑うに笑えない状況だ」と批判している。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/06 08:05)

    日本としても媚びられたって困るだけだけどね。日本が統治してた時代じゃないんだから。つか、事ある毎に日本を引き合いに出さないで欲しいんだが。 で、それはそれとして「不要なものは作らない」というのは理解できる話だ。 北陸新幹線や、札幌まで延伸を計画している北海道新幹線も、今現在すでに需要が無くなりつつある。どちらも計画段階から疑問を呈してた人は少なからず居たんだけどね。 まあ、未だに「経済対策」=「土建屋に金を落とす事」だと思い込んでる無能な政治屋が計画してるんじゃ「さもありなん」なんだろうけども。 同じ土建屋に金を落とすなら、今の日本で本当に金が必要なのは、新しい路線じゃなくて老朽化した交通インフラの再整備だと思うんだけどね。 それだとガッポガッポ儲けられないからやらないのか、地権者とかが儲からないからやらないのか、それは分からないけども。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/07/06 06:58)

    中国台湾が世界に自慢できるほど発展したら中国政府が鼻高々に成るのに、自国の発展すら考えられない無知さが痛い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/04 06:59)

    田中角栄が〈日本列島改造論〉で日本各地に新幹線を走らせようと計画したとき、前の首相の佐藤栄作が『タヌキでも乗せるつもりか』と批判したと言う。現在の日本を見る限り、どちらの意見が正しかったのか疑問である。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事