<W杯>残念!日本は最後の1秒で死すも、時間稼ぎはせず―中国メディア

配信日時:2018年7月4日(水) 1時0分
残念!日本は最後の1秒で死すも、時間稼ぎはせず―中国メディア
画像ID  1002276
3日、網易体育はサッカーW杯決勝トーナメント1回戦の日本―ベルギー戦について「日本は最後に1秒で死すも、1秒たりとて時間稼ぎをしなかった」と報じた。
2018年7月3日、網易体育はサッカーW杯決勝トーナメント1回戦の日本―ベルギー戦について「日本は最後に1秒で死すも、1秒たりとて時間稼ぎをしなかった」と報じた。

記事は「ベルギーとのベスト8をかけた戦いで、日本は2点を先制しながらも時間稼ぎをしなかった。また、相手の2連続ゴールで追いつかれてもやはり時間稼ぎはしなかった。そしてアディショナルタイムに入ってもベルギーと力比べを展開し、最後はベルギーの鮮やかなカウンターでやられた」と伝えた。

この試合では、日本はグループリーグ第2戦のセネガル戦と同じベストメンバーを先発させ、前半の相手の攻勢をしのいだ後半開始直後に2点を先取した。その後、実力で勝るベルギーが同点に追いつくも、日本は本田圭佑と山口蛍を投入して追加点を奪いにかかった。

記事は「後半ロスタイム、多くの弱小国が時間稼ぎをする時間帯に、日本はそれをせず、全力で攻防を続けた。そしてロスタイム4分、GKのパスからカウンターに出たベルギーが日本陣内を突破してゴールを決めた」と紹介した。

そして「最後の場面、日本はすでに力を使い果たしていた。ベルギーにゴールを決められ、多くの選手が地面に倒れて大きなため息をついた。中には目に涙をためた選手もいる。この試合、日本は相手より1キロ長い109キロを走った。最終的に負けはしたが、日本のパフォーマンスには拍手を送る価値がある」と評している。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事