<W杯>日本のサポーター、敗戦に涙しながら「ごみ拾い」=中国ネットユーザーもリスペクト

配信日時:2018年7月3日(火) 21時10分
日本のサポーター、敗戦に涙しながら「ごみ拾い」=中国ネット称賛
画像ID  1002271
3日、新浪体育の微博アカウントは、サッカー・ワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに惜敗した日本のサポーターたちが、試合後に涙を流しながらごみを拾ったと伝えた。
2018年7月3日、中国のスポーツメディア・新浪体育の微博(ウェイボー)アカウントは、サッカー・ワールドカップロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに惜敗した日本のサポーターたちが、試合後に涙を流しながらごみを拾ったと伝えた。

記事は「日本がベルギーに2-3で敗れ、8強入りは果たせなかった。試合後、日本のサポーターは涙を流していた。しかしそんな状況でも、いつも通りにごみを袋に入れて観客席をきれいに保っていた。最後の一瞬まで奮闘した日本代表が尊敬に値するとともに、日本サポーターも尊敬し学ぶに値する」とし、日本のサポーターが観客席を掃除する写真を複数枚掲載した。

中国のネットユーザーは「試合には負けたけど、リスペクトは勝ち取った」「日本のサポーターのマナーは称賛しなければ」「泣きながらごみを拾うって、すごくつらそう」「もし中国のサポーターが他人の強さを認めるおおらかさを持つようになったら、中国のサッカーもさらに進歩するのではないかと思う」「歴史問題はさておき、日本はリスペクトに値するライバルだ」といった称賛が寄せられた。

また「この試合は本当に素晴らしかった」「いつの日になるか分からないけど、日本はいつか本当に優勝するのではないかと思う」「本当に彼らがうらやましい」など、日本代表の戦いぶりについても併せて評価するユーザーもいる。

さらに、「日本に行ったことはないが、広州アジア大会のボランティアをした時、日本の選手だけが試合後、飲んだ水のボトルを持ち帰っていた。しかも、選手たちと交流した時にはみんな礼儀正しかった」など、実体験に基づくエピソードを披露するユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事