中国は日本を応援しているが、日本は中国を応援したことがあるのか?中国ネットは冷静な反応

配信日時:2018年7月12日(木) 13時10分
中国は日本を応援しているが、日本は中国を応援したことがあるのか
画像ID  1002270
ロシアで開催されているサッカーワールドカップで、多くの中国サッカーファンが日本を応援したが、その逆は今まであっただろうか。写真はベルギー対日本。
2018年7月11日、環球網によると、ロシアで開催されているサッカーワールドカップ(W杯)で、多くの中国サッカーファンが日本を応援したが、「その逆は今まであっただろうか」と日本メディアが伝えている。

日本のメディアによると、日本対ベルギーの試合当日、北京のあるスポーツバーでは日本代表を応援する人たちでにぎわった。ある若い男性は「日本が勝利すると信じて、サッカーくじを買った」と話し、「倍率が高いから日本を買った?」と問い掛けると「違う違う。アジアのサッカー友好のためさ」と答えたという。

また、中国共産党中央委員会の機関紙・人民日報は日本代表を絶賛し、国営テレビ・中国中央電視台(CCTV)も「素晴らしい戦いだった」と称賛。記事は、中国で「アジアの希望だ」との声まで出ていることに触れ、「日本が中国を応援するシーンは今まであっただろうか」としている。

その上で、「卓球では中国は日本にとって乗り越えるべき高い壁で、陸上短距離の蘇炳添(スー・ビンティエン)がアジア選手として初めて100メートル10秒を切った際も、日本ではあまり話題にならなかった」などと指摘。日本人が中国を応援したり、「アジアの希望だ」と称賛したりするとしたら、どのような状況が必要になるのだろうかと伝えている。

この記事に、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが書き込まれている。

「中国のサッカーファンは多くが冷静に判断できるということだ」
「いいものはいい、ただそれだけのこと」
「日本代表を応援しても、中国代表を応援することはありえないよ」

「アジア代表だもの。一生懸命戦っているのを見たら応援するさ」
「今回初めて日本代表の試合をちゃんと見たけれど、たしかに中国代表が手本にすべきチームだと思ったよ」
「日本が中国を応援するかどうかなんて、気にする必要ないのでは?」
「スポーツ界では日中の衝突はめったに起きないよね」

「日本も中国もいい成績を残した方が称賛される。ごく当たり前のことだ」
「日本のサッカーファンに中国代表を応援してもらう日なんていつ来るのだろう」
「中国代表が今のありさまではね…」
「この記事は中国代表を叱咤(しった)激励しているんだ、きっと」(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひで***** | (2018/07/13 16:37)

    応援されるくらに品格を高めてほしいです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/07/13 11:25)

    >>「スポーツ界では日中の衝突はめったに起きないよね」 これね。 実力差のあるであろうサッカーでもそうだけど、実力が近づいてきた卓球でもあんまり対立みたいなものは聞かないかな。 まあ、卓球は若干騒ぎも無くはないけど、他の国みたいに殺人予告が飛び交う訳でもなく、勝った相手の国の国民に嫌がらせするでもなく。 スポーツに関して言えば、日中は非常に良い関係だと思うんだよね。 かつて、明治維新後に日本が列強の仲間入りを果たした頃は、日本はそれこそ「アジアの星」だったようだ。 そりゃ、アジア諸国の殆どがロシアを含めた「白人文明圏」の植民地とされていた訳だから、白人文明圏に対抗できうる科学技術力や国力を持った国がアジアに忽然と現れれば、羨望と共に尊敬を集めても不思議はない。 だが、「大日本帝国」は、そんな「アジアの期待」を最悪な形で裏切ってしまった。 続く 続き消されてんな。面倒くさいからもう書かんよ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/07/13 00:48)

    今まで応援した中国人(香港系含む)・・・・ジャッキー・チェン、リー・リン・チェイ(ジェット・リー)、サモ・ハン・キンポ、マイケル・ホイ、フェイ・ウォン、テレサ・テン、アグネス・チャンと、こんなにいたぞw 更にはちょっと飛んで・・・・孫悟空、天津飯、餃子(チャオズ)、烏龍(ウーロン)、クリリン、摘さん一家(摘 鶴天・摘 鶴燐・摘 突詰・摘詰角田野廷遊豪)・・・・ってこんなに応援してき・・・・もういいかw
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事