日本のサッカーは必ずもっと強くなると確信した訳―中国メディア

配信日時:2018年7月8日(日) 8時50分
日本のサッカーは必ずもっと強くなると確信した訳―中国メディア
画像ID  1002266
5日、上観新聞は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16に入った日本の躍進について「日本のサッカーは必ずもっと強くなると確信した訳」とする記事を掲載した。
2018年7月5日、上観新聞は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16に入った日本の躍進について「日本のサッカーは必ずもっと強くなると確信した訳」とする記事を掲載した。

記事はまず「決勝トーナメント1回戦の相手・ベルギーからすれば、日本代表の平均体重は32チーム中最も軽く、身長は下から3番目で、ボールの支配率は44%どまりの格下のチームに見えただろう。だが、最後まで苦しめられた。日本の躍進の秘密はどこにあるのか」と疑問を投げかけた。

その上で「ポイントは3つある。青少年の育成、Jリーグの運営、海外からの人材招聘(しょうへい)と選手派遣だ」とし、「日本のサッカー選手は、小学校からプロに至るまで、選手育成のシステムが整備されている。才能のある子は強い学校に入り、大学卒業後もサッカーで食べていく道がある。高校サッカーの全国大会にもファンが押し寄せるほど人気のスポーツだ」と解説した。

また、「Jリーグが有能な若手の受け皿になっている。J1から3までリーグ分けされ、入れ替え制で競っている。チームにはジュニアチームもあり、10代の若い選手もプロを目指して切磋琢磨(せっさたくま)している。若い選手も学校をやめず、サッカーの技術を向上させることができる」とも指摘した。

さらに、「海外との交流」を挙げた。「日本は1990年代前半から、積極的に海外からコーチや監督を呼び、サッカー界全体のレベルアップを図ってきた。今回のW杯代表23人の半分以上が海外でプレーするなど、選手も争って海外での武者修行に取り組んできた。日本は自ら考え、自らに合った強化の道を歩いてきたのだ」と論じている。(編集・翻訳/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/09 14:45)

    >>日本は自ら考え、自らに合った強化の道を歩いてきたのだ ああ、まあ、これって重要な事だよね。 テニスの錦織圭も、欧米の選手にはどうしてもフィジカルで劣ってしまう。にも関わらずあれだけの活躍ができているのは、自分の体格に合った戦術を持っているからだ。 かつて東洋の魔女と言われた日本女子バレーは、今では基本となったクイックなどの技を駆使して欧米の大柄な選手を圧倒したらしい。 日本のサッカー界も、今こそそういうものが求められているということか。 体格の違う欧米の選手と渡り合うには、彼らの模倣ではダメなのだろう。 日本人の体格を活かせる戦術は、必ずどこかにある筈だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/07/08 11:21)

    中国だって外国選手を沢山呼んでいるだろう。そっちも有るが、違うね^^一番は分析だ。ベルギーが感謝した程のね^^そこが解るようになれば中国も強くなれるよ^^体格は良いのだから^^尤も本当に強くなったらルールを変えてくる心配がある。バレーボールや複合のジャンプのようにね^^欧米のスポーツマンシップは自己都合だから^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<