「あまりに平凡な日本人の姿」W杯で日本が見せた“感動ショー”を韓国の専門家が分析

配信日時:2018年7月5日(木) 15時50分
「ごく平凡な日本人の姿」W杯の“感動ショー”を韓国の専門家が分析
画像ID  1002260
4日、韓国・中央日報は、サッカーのワールドカップロシア大会でベスト16に終わった日本のサポーターらが、負けた試合の後もスタジアムのごみを拾っていたことについて、専門家の分析とともに報じた。写真はW杯ロシア大会のスタジアム。
2018年7月4日、韓国・中央日報は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16に終わった日本のサポーターらが、負けた試合の後もスタジアムのごみを拾っていたことについて、専門家の分析とともに報じた。

日本人サポーターらの「ごみ拾い」については、多くの海外メディアが「ベスト16戦の敗北後もものすごいショーが続いた」と報じるなど、称賛を送った。また日本代表の選手らも、ロッカールームをきれいに掃除して帰国し、称賛を浴びた。整理されたロッカールームには「ありがとうございます。日本」とロシア語で書かれた手紙まで残されていた。手紙を見た国際サッカー連盟(FIFA)の職員がSNSにその写真を掲載した。

記事は「韓国では2002年の日韓W杯の際、赤い悪魔(公式サポーター集団)のごみを拾う姿が海外メディアの注目を浴びた」とし、今回の日本人サポーターについて「他国で開かれたW杯で、遠征チームの応援団が(ごみ拾いで)注目を浴びたのは異例との評価を受けている」と伝えている。

一方、韓国の日本専門家からは「あまりにも平凡な日本人の姿」との評価が出ているという。記事によると、専門家らがまず言及するのは日本の「迷惑への意識」。「幼いころから人に迷惑をかけてはならないという意識を自然に身に付けている」と評した。韓国の名門私大・高麗大学日本語日文学科のソ・スンウォン教授は「日本では幼稚園の時から実習を通じて公衆道徳意識を子どもたちに教える。その結果、このような意識が社会的なルールとして形成される。その意識は外国に行っても変わらない」と分析した。

現代日本学会長を務めた国防大学のパク・ヨンジュン教授も「日本留学時代、このような行動の理由が気になって日本人によく聞いた。2011年の福島原発事故の際も全世界が日本に注目し、厳しい状況下でも日本人が見せた秩序に世界が感嘆した」とし、「今回のW杯で見せた日本人サポーターの行動は欧米の世論を意識したものではない」とした。

また韓国では、日本と比較した「自虐ムード」を警戒する声も出ているという。ソ教授は「欧米人と比較して韓国の意識レベルは低くない。これを忘れず、さらに発展させられるよう努力することが合理的」と話したという。「赤い悪魔」のイ・ドンヨプ議長も「海外メディアが日本だけに注目したからといって国を卑下するのではなく、引き続き先進的な応援文化を作っていく」と述べているという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは「いや、韓国はまだまだ」「日本の愛国心や団結意識はすごいと思う。韓国には悲しい歴史があったけど、強国の性質を学ぶべき」「日本を好きにはなれないかもしれないけど、無視するのはやめよう。それはある意味劣等感と言える」「それなのになぜ日本の選手たちはあんなプレーをしたのかな(※ポーランド戦での時間稼ぎ)」「ごみだけではなく、まずは恥ずべき(歴史的)過去もきれいに整理してほしい」など、さまざまな声が上がった。(翻訳・編集/松村)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事