本田圭佑が4年前に指摘していた問題、身長以外はクリアしていた―中国メディア

配信日時:2018年7月4日(水) 10時10分
本田圭佑が4年前に指摘した問題、身長以外はクリア―中国メディア
画像ID  1002259
3日、澎湃新聞は「本田圭佑が4年前に指摘していた日本チームの問題、身長以外はクリアしていた」とする記事を掲載した。
2018年7月3日、澎湃新聞は「(サッカー日本代表の)本田圭佑が4年前に指摘していた日本チームの問題、身長以外はクリアしていた」とする記事を掲載した。

記事は「本田は4年前のワールドカップ(W杯)ブラジル大会終了後、経験、身体、能力から導き出される自身と日本サッカーの問題について1000字の長文を発表していた」と紹介。「4年後のロシア大会を観戦し、本田が当時指摘した世界との差は、なくなりつつあることに気づくだろう」とした。

その上で、「本田は4年前、日本サッカーが改善すべき3つの課題を指摘していた。まずは経験不足を補うこと、次に身体能力を強化すること、最後に長所を最大限に引き上げることだ。その上で、挑戦すること、体格面を強化すること、左足の技術改革を新たなテーマに掲げていた」と解説した。

そして、「今回のロシア大会で、日本のサッカーファンは本田に謝罪した。3大会連続出場の功労者に頭を下げた。大会が始まる前、少なからぬ日本のファンは、本田は下り坂だと認識していた。しかし、ふたを開けてみれば、日本代表の攻撃に本田は十分貢献した。日本代表はボールコントロール、試合運びとも、最大化できていた」とした。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/07/04 11:29)

    本田は、日本代表として使い物にならないのでは無く、外国選手にまで日本の司令塔だとバレているからガードだ強過ぎて本来の力が発揮できなくなっていた。 ガードがなければ今回みたいな事になる。 中国よ、韓国的な反則して勝つサッカーで無く、反則はしなくても勝てるサッカーを共に頑張ろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<