日本で凶悪事件続発、崩れる安全神話―中国紙

配信日時:2018年7月5日(木) 9時50分
日本で凶悪事件続発、崩れる安全神話―中国紙
画像ID  1002135
1日、中文導報は、日本で最近相次ぐ凶悪事件と日本の「安全神話」の関連性を分析する記事を掲載した。資料写真。
2018年7月1日、中文導報は、日本で最近相次ぐ凶悪事件と日本の「安全神話」の関連性を分析する記事を掲載した。

記事は「治安の良さで知られる日本で、最近凶悪事件が相次いでいる。先月26日には、富山県の派出所に元自衛官の男が押し入り、警官を刃物で刺殺したうえ、近くの小学校の警備員も持っていた拳銃で撃つ事件が置きた。同9日には、東京から西に向かっていた新幹線の車内で、男が女性に襲いかかり、止めに入った男性をナタなどで襲い死亡させた。静岡県では男3人組が面識のない女性を拉致し、遺体を山中に捨てる事件が起きた」と紹介する。

その上で、「これを受け、中国人の間には不安が広がっている」と指摘。「新幹線での事件は、日本を旅する中国人に少なからぬ衝撃を与えた。多くの中国人は日本は安全だと信じている。携帯電話や財布をなくしても拾われて届けられ、必ず手元に戻ってくるのがその証拠だ。リュックは地下鉄車内でしっかり抱いている必要もなく、ズボンのポケットから半分財布がはみ出ていてもすられる恐れはない」と説明。

その一方で「新幹線での事件後、留学を切り上げて帰国した人もいる。多くの人はなぜ日本でこんな事件が起きたのか。絶対に安全な場所のはずなのにと思っている」としている。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/06 02:13)

    省庁の公文書改竄に証拠隠し。国政を担う政治屋の汚職を始めとした不祥事。 どれも重罪に当たる筈なんだが、どいつもこいつも何も重いペナルティを課せられない。 これすでに「法治国家」から逸脱している訳だから、治安も悪くなるだろうさ。 古代中国の歴代王朝も、末期は官吏の汚職が横行し、治安の悪さを招いていた。 何せ「力」を持った権力者が犯罪者を庇護する訳だから、治安が悪くなって当たり前だ。 翻って日本はどうかと言えば、そう大して変わりがない。依然として暴力団は存在するし、ブラック企業は無くならない。治安を担当する筈の警察官も、官僚は天下り先を必死で作り、保身のためには自分や部下の不祥事も揉み消すし、事がバレれば「懲戒免職」ではなく、年金も貰える「依願退職」で済ませてしまう。 悪官汚吏利を貪る。三国志にも水滸伝にも似た表現がある。武力革命でも無いと、この国は変われないのかね? そうではないと思いたいが
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/07/05 15:03)

    人間は基本は愚かで、要は善人と悪人の比率だよ。2・8の論理があって、10人人間がいて、必ず2人の悪人と8人の善人に分かれる(逆もある)。8人の善人を集めると、暫くして2割のグループと8割のグループに分かれる。 日本は治安が良いとすれば、8人が善人で、2人が悪人だ。 治安の悪い国はその逆だろう。 冒頭に書いたように人間は愚かだから、必ず《出来そこない》が出来る。 日本の総犯罪数は年々減少しているから、日本は何も変わっていない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/05 13:17)

    >多くの人はなぜ日本でこんな事件が起きたのか。絶対に安全な場所のはずなのにと思っている 日本でも昔から事件や事故は起きている。それは中国でも同じだろうが、政治的配慮で報道されないだけだ。中国の方が日本より安全なわけではない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事