大切に飼っていたウサギが脱走、110番して見つかるもすでに「食材」に―重慶市

配信日時:2018年7月5日(木) 16時20分
大切に飼っていたウサギが脱走、通報して見つかるもすでに「食材」に
画像ID  1002085
2日、重慶晨報によると、中国重慶市で先日、40代の男性一家が大切に飼っていたウサギがケージから逃げ出し、その数時間後に「食材」となって発見されるという出来事が起きた。資料写真。
2018年7月2日、重慶晨報によると、中国重慶市で先日、40代の男性一家が大切に飼っていたウサギがケージから逃げ出し、その数時間後に「食材」となって発見されるという出来事が起きた。男性は賠償金として1800元(約3万円)を受け取ったものの、やりきれなさを消せないでいる。

記事によると、市内の集合住宅に暮らす劉さん一家のもとにウサギがやって来たのは約半年前のこと。肥満に悩んでいた劉さんの息子はウサギと一緒に外で遊んだりすることで25キロの減量に成功し、一方、一家に大切に育てられたウサギは5キロほどの重さに成長したという。

しかし、6月24日早朝、ウサギはしっかり閉まっていなかったケージから逃げ出し、家の外へ。3時間探しても見つからなかったため劉さんは警察に通報し、防犯カメラの映像からウサギを発見した女性2人が近所の家に持ち込んだことが明らかになった。この家の住人は女性らの親戚で、ウサギの居場所を知った劉さんが安心したのもつかの間、受け取りに行った際に見せられたのは調理される直前のウサギの姿だった。「拾って来たものを事情も知らないまま食べるのか?」と憤る劉さんに相手は自身の不注意を認め、賠償金の支払いにも応じたが、劉さんは「特に息子のことを考えると…」と辛い胸の内を警察官に語ったという。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事