マンション敷地内の乱雑駐車、救急車が行く手を阻まれ搬送中の患者が死亡―湖北省武漢市

配信日時:2018年7月2日(月) 20時40分
救急車が乱雑駐車で前進できず、搬送中の患者が死亡―中国
画像ID  1001996
湖北省武漢市で、てんかんと見られる男性患者が救急車で病院に搬送される途中で死亡した。救急車はマンション敷地内に乱雑に駐車されていた自動車などに行く手を阻まれ、敷地外に出るのに15分から20分程度を要した。
湖北省メディアの楚天都市報は2日、同省武漢市で、てんかんと見られる男性患者が救急車で病院に搬送される途中で死亡したと伝えた。救急車はマンション敷地内に乱雑に駐車されていた自動車などに行く手を阻まれ、敷地外に出るのに15分から20分程度を要したという。

男性は44歳だった。男性の妻によると6月25日午前5時30分ごろ、男性がベッドから落ちけいれんしているのに気付き、救急車を呼んだ。男性の妻は、同じマンションに住むよく知っている男性にも連絡して、助けを求めた。

救急車は比較的早く到着した。男性の状態を見た救急隊員は、てんかんの可能性があると判断し、男性が舌をかまないよう、口にタオルを入れるなどの措置をした。

救急隊員の目の前で男性は意識をやや取り戻した。救急隊員と男性の妻は、男性を病院に搬送するか、自宅で様子を見るかの相談を始めた。すると男性は再び発作を起こした。最初の発作よりも重篤な発作だったので、市内の解放軍武漢総医院(総合病院)に搬送しることにした。

ところが、マンション敷地内に多くの乗用車や電動自転車などが乱雑に駐車されていたため、救急車が行く手を阻まれて、動けなくなった。運転する隊員は、何度も切り返しを行ったが、救急車は車体が大きいのでなかなか脱出できなかった。

救急車の到着前から手助けをしていた男性が、電動自転車を他の場所に移してようやくスペースを作り出したので救急車はマンション敷地外に出ることができた。同男性は15分程度かかったと説明した。救急車は敷地内で20分近くもサイレンを鳴らしていたと話す、別のマンション住人もいる。

患者男性は、救急車が病院に到着する前に呼吸が停止し、その後死亡が確認された。

マンション敷地内では、白い枠により駐車が認められるスペースが表示されていたが、それ以外の場所に停められていた自動車や乱雑に留められていた電動自転車が、救急車の走行の障害になった。

中国では、マンション敷地内での自動車駐車の問題がしばしば発生している。個別世帯に割り振られている駐車スペースに別の車が駐車することで住民間のトラブルになったり、駐車が認められない場所に駐車した車が傷つけられるといった事例も報じられている。(翻訳・編集/如月隼人

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<