中国の空母は事実上7隻へ、米国の支配的地位脅かす可能性も―米華字メディア

配信日時:2018年7月2日(月) 16時50分
中国の空母は事実上7隻へ、米国の支配的地位脅かす可能性も
画像ID  1001839
中国は空母艦隊の拡充を図り、2025年までに複数隻の空母と大型強襲揚陸艦を建造しようとしている。空母は、事実上7隻となる可能性が高いという。資料写真。
2018年7月1日、米華字メディア・多維新聞によると、中国は空母艦隊の拡充を図り、2025年までに複数隻の空母と大型強襲揚陸艦を建造しようとしている。

米外交専門誌ザ・ディプロマット(電子版)によると、中国はステルス性の高い055型ミサイル駆逐艦の配備を進めるとともに、空母の建造も急ピッチで進めている。中国人民解放軍は2025年までに空母4隻を建造する計画だが、事実上7隻となる可能性が高いという。

空母とともに建造が始まったのが大型強襲揚陸艦で、米国のアメリカ級強襲揚陸艦やワスプ級強襲揚陸艦と酷似しており、排水量や艦型などもほぼ同等だ。

なお、米国は10万トン級の超大型空母(スーパー・キャリアー)を11隻保有しているが、固定翼機の運用も可能な強襲揚陸艦も9隻保有している。強襲揚陸艦の扱いとはいえ航空運用能力は高く、事実上の空母といえる。

中国の075型強襲揚陸艦も固定翼機の運用能力を持つとされ、中国海軍は25年までに全面配備する計画だという。その時期には運用可能な固定翼機も配備済みの予定で、空母としても運用できるようになるとみられている。

25年には空母4隻に、固定翼機も運用可能な強襲揚陸艦が加わり、事実上7隻となる。中国の国防費は年7%以上のペースで増加しており、25年以降も空母がさらに増える可能性がある。

25年は太平洋地域における海軍力バランスのターニングポイントになる可能性が高く、中国が米海軍空母打撃群のアジアにおける支配的地位を脅かすようになるかもしれない。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sea***** | (2018/07/10 01:03)

    中国出身の経済評論家の柯隆氏が言っていたが、中国は年金の貯えがほとんどないそうだ。軍事費に大枚使って国民の老後は関係ないってか?! 中国国民の皆さんはそれでいいのだろうか??
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/07/03 14:32)

    輸送力が勝敗のカギでしょう。オスプレイ、空母・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/07/03 08:17)

    >>2025年までに複数隻の空母と大型強襲揚陸艦を建造しようとしている。 侵略ないしは他国にちょっかい出す気満々やなw これらの艦種はどれだけ言い繕っても「防衛のため」の艦種じゃないからね。 中国にしろアメにしろ、そんな軍事力持ってて「平和を愛する」だの「正義のために」だの言われてもな。 最近はそういうくだらん軍拡競争に日本も乗っかり始めてるし。 「軍事力」ってのは、それが何かを生産する類のものじゃない。平時からただただ消費を繰り返すだけの存在だ。 軍拡が不毛な活動なんだと、世界の指導者たちはいつ気付くのかね?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事