中国の大学生の進路に新たな動向、起業や海外留学はブーム下火に―中国メディア

配信日時:2018年7月5日(木) 19時10分
中国の大学生の進路に新たな動向、起業や海外留学はブーム下火に
画像ID  1001838
中国で大学卒業生の進路に新たな動向が生まれている。資料写真。
2018年7月1日、澎湃新聞によると、中国で大学卒業生の進路に新たな動向が生まれている。

中国では2010年以降、大学を卒業する人が年々増加し、企業が求める人材も過半数が大卒者となっている。18年度の大学卒業生は前年度から25万人増え、820万人に達すると予想されている。

そうした中、人材紹介大手・智聯招聘が発表した大学生の卒業後の進路に関する報告書から、新たな動向としてこれまでブームとして注目されてきた「起業」や「海外留学」は下火になりつつあることが分かった。

卒業後、企業に就職する意思のある人は前年から6.39%増加し、79.89%。起業する人は同1.32%減って4.78%。海外に留学する人も2.63%にとどまった。

大学卒業後、企業に就職する人が増える一方、すぐに就職しない人の割合が減っている。経済情勢の先行きが不透明なことが背景にあるとみられている。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事