Record China

ヘッドライン:

中国受注のインドネシア高速鉄道、建設工事がようやく全面スタート―中国メディア

配信日時:2018年7月2日(月) 12時40分
拡大
インドネシア高速鉄道の建設工事が全面的に開始される。中国の経済圏構想「一帯一路」にとっても重要なプロジェクトとなっている。

2018年6月30日、澎湃新聞によると、インドネシア高速鉄道の建設工事が全面的に開始される。

プロジェクトの認可や融資などの重要条件が得られ、建設用地の収用も大幅に進んだほか、建設工事に関わる多くの課題が解消され、工事を本格化させる準備が整ったという。

インドネシア高速鉄道は全長142キロで、設計最高速度は時速350キロ。開通すれば首都ジャカルタと西ジャワ州バンドン間の移動時間は現在の3時間余りから約40分にまで短縮でき、地域経済に多大な貢献が期待されている。

なお、インドネシア高速鉄道は中国政府の進める経済圏構想「一帯一路」にとって重要なプロジェクトの一つであるとともに、中国高速鉄道にとって初のパッケージ型インフラ輸出でもある。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

ASEANで中国離れ相次ぐ、マレーシアは高速鉄道を白紙に、「南シナ海でレッドライン越えたら宣戦布告」と比外相、インドネシアも

ASEAN加盟国で中国離れの動きが相次いでいる。マレーシアは中国が受注を目指していた高速鉄道の建設計画を中止。フィリピンの外相は南シナ海問題で戦争に言及して警告し、インドネシアもインドとの防衛協力で合意した。写真は中国の高速鉄道。

Record China
2018年6月2日 5時10分
続きを読む

中国受注のインドネシア高速鉄道建設、遅々として進まず?皮肉った日本の漫画家は謝罪に追い込まれる

中国が日本との競争に勝って受注したインドネシアの高速鉄道建設が遅々として進んでいない、と米華字メディアが伝えた。中国を選んだインドネシアを皮肉った日本の漫画家が謝罪に追い込まれるなど、日中の争いは尾を引いている。写真は中国の高速鉄道車両。

Record China
2018年3月11日 9時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング