男子バスケで日本が豪州に大金星、将来中国の強力ライバルになるかもしれない―中国メディア

配信日時:2018年6月30日(土) 16時10分
男子バスケで日本が豪州に大金星、将来中国の強力ライバルに?
画像ID  1001596
捜狐体育は29日、男子バスケットボールW杯アジア予選で、日本が強豪オーストラリアに「誰もが予想しなかった番狂わせ」を演じたと報じた。資料写真。
捜狐体育は29日、男子バスケットボールW杯アジア予選で、日本が強豪オーストラリア相手に「誰もが予想しなかった番狂わせ」を演じたと報じた。

千葉ポートアリーナで29日に行われた日本―オーストラリア戦で、日本はオーストラリアに79−78で勝利。記事は「グループリーグ4戦全勝のオーストラリアが、4戦全敗の日本に敗れるという結末は、多くの人が予想だにしていなかったことだ」と評した。

また「この試合の勝利について、日本は混血選手の八村塁と帰化選手のニック・ファジーカスに感謝せねばならない。従来、日本の特徴はコンパクトでスピーディーである一方、リバウンドが最大の欠点だった。しかし現在、八村とファジーカスがこの欠点を補填(ほてん)してくれた。2人の加入によって、日本はレベルが少なくとも1段階上がったと言える」とした。

そして、ファジーカスが25得点12リバウンド、八村が24得点7リバウンドを記録し、チーム全体で44のリバウンドを獲得したことを紹介。「昨年11月27日のオーストラリア戦ではわずか21リバウンドだったのだ」とその「進化」を伝えている。

記事は「今の状況を見ると、日本バスケットボール協会の戦略は成功したようだ。強力な外国人選手の帰化を支援するとともに、混血選手の育成に力を注いだのだ。男子は八村とファジーカスが、女子では渡嘉敷来夢がチームを引っ張っている。これは、中国の男子バスケットボールへの警鐘だ。今後数年以内に、アジアにおける最強のライバルが韓国やイランではなく、日本になるかもしれない」とした。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事