<W杯>時間稼ぎは日本の常套手段?過去には韓国が「被害者」に―中国メディア

配信日時:2018年6月29日(金) 20時10分
<W杯>時間稼ぎは日本の常套手段?過去には韓国が「被害者」に
画像ID  1001204
29日、騰訊体育は、サッカー・ワールドカップロシア大会で日本がポーランド戦の終盤に時間稼ぎをしたことについて、今年の女子サッカーアジアカップでも日本が同じようなことをしていたと報じた。写真は日本対ポーランド戦。
2018年6月29日、騰訊体育は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本がポーランド戦の終盤に時間稼ぎをしたことについて、「今年の女子サッカーアジアカップでも日本が同じようなことをしていた」と報じた。

グループH最終戦、引き分け以上で突破が決まる日本だったが、強豪ポーランドに対して1点を先制されて突破の望みが消えかけた。しかしその後、同組のもう1試合でコロンビアがセネガルを1-0でリードしたことで、このまま終われば日本が「フェアプレーポイント(イエローカードの枚数)」の差でセネガルを上回って2位突破が決まる状況に。すると日本は残りの約10分間、自陣内でゆっくりとボールを回し続けて時間を消費して試合を終わらせた。一方、コロンビアとセネガルの試合もそのまま終わり、結果的に日本のギャンブルが成功する形となった。

記事は「そこで今大会最も気まずく、最も醜い一幕が起きた。観衆は双方が攻めようとしないことに大きな不満を持ち、激しいブーイングを浴びせたのだ」と当時の状況を伝えた。その上で、「今年の女子アジアカップのグループリーグ最終戦で、日本とオーストラリアが残りの5分間をボール回しに費やして試合を終わらせ、両国が申し合わせたように決勝トーナメント進出を決める一方で、進出の可能性があった韓国を蹴落とした。このような場面が、W杯ロシア大会で再び出現した」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ちゅる***** | (2018/06/30 09:23)

    韓国ファウルは常に被害者にダ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • cyb***** | (2018/06/29 21:08)

    時間稼ぎは戦略のひとつ それが残り1分でも20分でも同じ事 どこのチームでも時間を進めるためにやっている まして対戦相手のポーランドも勝ちを得れれるため文句もない。過去に組み合わせの優位を得るためにわざと負ける試合もある それから比べると得失点差を増やさないための戦略 それよりフリーキック、ペナルティキックを得るためのイミテーションをもっと取り締まるべき。 再生ビデオを見ると当たってもいないもしくは軽い接触で大袈裟に転倒するシーンが多く、日本もそれでPKを取られたりもしている。 もっとVARでイミテーションにはイエローフラッグを出し、高いレベルの競り合い を見たい!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/06/29 20:33)

    汚い韓国と戦いたく無かった豪州と日本の暗黙の了解だったのだろう^^韓国は懲りないが、中国は真似しない方が良いだろう。^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事