<W杯>時間稼ぎは日本の常套手段?過去には韓国が「被害者」に―中国メディア

配信日時:2018年6月29日(金) 20時10分
<W杯>時間稼ぎは日本の常套手段?過去には韓国が「被害者」に
画像ID  1001204
29日、騰訊体育は、サッカー・ワールドカップロシア大会で日本がポーランド戦の終盤に時間稼ぎをしたことについて、今年の女子サッカーアジアカップでも日本が同じようなことをしていたと報じた。写真は日本対ポーランド戦。
2018年6月29日、騰訊体育は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本がポーランド戦の終盤に時間稼ぎをしたことについて、「今年の女子サッカーアジアカップでも日本が同じようなことをしていた」と報じた。

グループH最終戦、引き分け以上で突破が決まる日本だったが、強豪ポーランドに対して1点を先制されて突破の望みが消えかけた。しかしその後、同組のもう1試合でコロンビアがセネガルを1-0でリードしたことで、このまま終われば日本が「フェアプレーポイント(イエローカードの枚数)」の差でセネガルを上回って2位突破が決まる状況に。すると日本は残りの約10分間、自陣内でゆっくりとボールを回し続けて時間を消費して試合を終わらせた。一方、コロンビアとセネガルの試合もそのまま終わり、結果的に日本のギャンブルが成功する形となった。

記事は「そこで今大会最も気まずく、最も醜い一幕が起きた。観衆は双方が攻めようとしないことに大きな不満を持ち、激しいブーイングを浴びせたのだ」と当時の状況を伝えた。その上で、「今年の女子アジアカップのグループリーグ最終戦で、日本とオーストラリアが残りの5分間をボール回しに費やして試合を終わらせ、両国が申し合わせたように決勝トーナメント進出を決める一方で、進出の可能性があった韓国を蹴落とした。このような場面が、W杯ロシア大会で再び出現した」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事