<W杯>ドイツに勝ったのに…帰国した韓国代表選手、空港で生卵投げつけられ呆然

配信日時:2018年6月29日(金) 18時10分
ドイツに勝ったのに…帰国した韓国代表、空港で生卵投げつけられ呆然
画像ID  1001100
29日、韓国・東亜日報によると、ワールドカップ(W杯)ロシア大会でグループリーグ敗退となった韓国代表チームが、帰国報告会で生卵を投げつけられるハプニングが起きた。写真はW杯ドイツ対韓国戦。
2018年6月29日、韓国・東亜日報によると、ワールドカップ(W杯)ロシア大会でグループリーグ敗退となった韓国代表チームが、帰国報告会で生卵を投げつけられるハプニングが起きた。

韓国代表選手らは29日午後に仁川国際空港に到着し、解団式と帰国報告会を行った。今大会で韓国は、決勝トーナメント進出こそ逃したものの、FIFAランク1位の強豪ドイツに2-0で勝利する大金星を挙げ、世界から称賛を集めた。そのため空港には、韓国の国旗やユニフォームを持ったファンが詰めかけ、選手らに拍手や歓声を送った。

しかし、その後に選手らが感謝のあいさつを述べている際、ハプニングが起こった。一部のファンが選手らに向かって生卵やクッションを投げつけたのだ。生卵は韓国代表のスター、ソン・フンミン選手のインタービュー中にも投げつけられた。生卵はソン選手の足元で割れ、危うく命中するところだったという。

選手らは突然のできごとに驚きを隠せない様子だったとのこと。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ひどい国民性だ」「ドイツを破ったのになぜ!?」「僕が代わりに謝罪したい」「なぜ最善を尽くした選手らにそんなことができるの?」「頑張った選手らがかわいそう。本当に恥ずかしい」など、生卵を投げつけた人への批判の声が数多く上がっている。

また、「生卵を投げた人は、ドイツの勝利に大金を賭けていたのだろう」と予想する声や、「なんでソン・フンミンに?人を間違えたに違いない」「選手らは勘違いしないでほしい。生卵は監督に向かって投げられたものだ」「大韓サッカー協会に投げつけたい」などと主張する声も。

一方で「決勝トーナメント進出を逃したのだから当然」「国民の気持ちをしっかり理解し、次の大会では花束が飛んでくるよう心を入れ直してほしい」「韓国代表のプレーは確かにひどかった。ドイツ戦が免罪符になると思わないで」など、選手らに厳しい声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事