日本、ポーランドに敗れるもベスト16進出=中国ネットも祝福「日本よ、おめでとう」

配信日時:2018年6月29日(金) 11時10分
日本、敗れるもベスト16進出=中国ネットも祝福「おめでとう」
画像ID  1001087
29日、中国中央テレビの微博アカウント央視新聞は、サッカー・ワールドカップロシア大会グループリーグH組最終節で日本がポーランドに敗れたものの、決勝トーナメント進出を決めたと報じた。写真は日本対ポーランド戦。
2018年6月29日、中国中央テレビ(CCTV)の微博アカウント央視新聞は、サッカー・ワールドカップロシア大会グループリーグH組最終節で日本がポーランドに敗れたものの、決勝トーナメント進出を決めたと報じた。

0-0で迎えた後半14分、ポーランドはフリーキックからMFヤン・ベドナレクがボレーで叩き込んで先制し、そのまま1-0でポーランドが勝利。同時開催していた同組のもう1試合でコロンビアがセネガルを1-0で下したことにより、イエローカードの枚数でセネガルを振り切って日本が同組2位でアジア唯一のグループリーグ突破を果たした。

この結果に中国のネットユーザーは「日本のベスト16進出、おめでとう!何と言っても日本はファウルが少なかったのが素晴らしい」「アジアの最高峰、そして唯一の勝ち上がり。日本よ、おめでとう」といった祝福のメッセージを寄せた。

一方で、終盤の展開で日本が完全にボール回しに徹して現状維持に努め、もう1試合のコロンビア頼みになったことについて「本当に心からコロンビアのことを信頼してたんだな」「もともと本当に日本を応援していたんだけど、最後の10分はセネガルがんばってと思ってしまった」「W杯史上もっともダークな10分間」といった意見や感想が見られた。

日本の消極的な行為に対する批判も目立つが、「文句言う奴よ、最初の80分を見てポーランドのカウンターが怖いことぐらい分かっただろう」「試合は結果が全て。間違ってない」「自国の代表が出ていないのに、日本のことをとやかく言う資格はあるのか」「それがルールなんだから、何が悪いのか」との声もあった。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事