Record China

ヘッドライン:

韓国サポーターのあの行為は犯罪!?中国ネットでも大注目=「これはやりすぎ」「韓国人は満足を知らない」

配信日時:2018年7月4日(水) 7時30分
拡大
2018年7月3日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、グループリーグ(GL)敗退となった韓国代表選手に帰国後、生卵が投げつけられた騒動が、中国でも大きな注目を集めている。

3日午後の時点で、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索ランキングで5位に入っているのは「韓国代表に卵を投げ付けたサポーター有罪になる可能性」というワード。韓国はGLで初戦はスウェーデン、2戦目はメキシコに敗れた。第3戦でFIFAランク1位のドイツを破る大金星を挙げて母国を熱狂させたものの、帰国した際に空港で一部のサポーターから生卵やクッションが投げつけられる騒動があった。生卵は韓国のエース、ソン・フンミンに命中しそうになったという。

この行為に対して、韓国メディアは「卵を投げたサポーターの行為が暴行罪に当たる可能性がある」とし、「たとえ暴行罪に問われなかったとしても、軽犯罪処罰法で10万ウォン(約1万円)以下の罰金と拘留処分が科されることがある」などと報じていた。結局、被害を受けた韓国選手とサッカー協会が望まず、捜査は行われないことになったようだ。

中国のネットユーザーからは、「韓国はいつもこうだ」「これは確かにやりすぎ」「(ドイツに勝ったのは)十分スゴいと思うけど、それでも卵投げられるの?じゃあ、中国代表は一体どんなモノを投げられるだろう?」「選手がかわいそう。疲れて帰ってきて、卵を投げられるなんて」「韓国人は本当に満足するということを知らない」といった声がある一方、「どこの国にもおかしなサポーターがいるもんだ」と冷静に受け止めるコメントも寄せられている。

今大会では、コロンビアの男性サポーターが日本の女性サポーターに侮辱的な言葉を言わせた騒動も物議を醸した。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「逆転ゴールを決められた時の感想」聞かれた日本代表・西野監督の反応が、中国ネットで話題に=「ファンになっちゃった」「これ以上見てたら泣く」

3日、サッカーのW杯ロシア大会の決勝トーナメント1回戦で日本がベルギーに敗れたことについて、試合後の西野朗監督の会見動画が中国版ツイッター・微博で話題になっている。資料写真。

Record China
2018年7月3日 17時40分
続きを読む

恩を仇で返す?韓国のおかげでW杯決勝Tに進出したメキシコで“差別ポーズ”が続出

28日、ワールドカップロシア大会1次リーグF組で、メキシコは韓国がドイツから“劇的な勝利”を収めたことにより決勝トーナメント進出を決めた。しかしそのメキシコで「韓国人に対する人種差別行動」が物議を醸している。写真はW杯ドイツ対韓国戦。

Record China
2018年6月29日 15時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング