Record China

ヘッドライン:

<W杯>ドイツに劇的勝利の韓国、メディアやネットは“日本の反応”に注目

配信日時:2018年6月28日(木) 13時0分
拡大
27日、ワールドカップロシア大会は、1次リーグF組で韓国が前大会の優勝チームであり、FIFAランキング1位の強豪ドイツを2―0で破った。世界日報など韓国メディアの多くが、この結果に対するドイツや日本の反応を伝えている。

2018年6月27日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会は、1次リーグF組で韓国が前大会の優勝チームであり、FIFAランキング1位の強豪ドイツを2―0で破った。これによりドイツはW杯80年の歴史の中で初めてグループリーグで敗退となった。世界日報など韓国メディアの多くが、この結果に対するドイツや日本の反応を伝えている。

世界日報によると、ドイツ現地のメディアは「衝撃的だ」との反応を示しているという。ドイツメディア・キッカーは「ドイツがロシアW杯決勝トーナメント進出というミッションに無惨に失敗した」と伝えた。また「韓国相手に0―2で完敗し、グループリーグF組最下位で大会を終えた。世界チャンピオンの歴史的な脱落」と強調したという。

記事は「韓国の善戦に驚いた日本の反応も注目される」とし、日本のメディアが「韓国がドイツに悪夢を届けた」「ドイツもブラジル、イタリア、スペインに続き、ディフェンディングチャンピオンジンクス(W杯優勝チームは次の大会でグループリーグ敗退する)の犠牲となった」などと伝えたことも紹介している。

また、イートゥデイは日本のネットユーザーの反応を伝えている。それによると、日本のネットユーザーからは「信じられないけど、試合を観たら妥当な結果。韓国がうまいというより、ドイツのボール処理がひどかった」「ドイツには必死さが足りなかった」「日本も気を引き締めないと、決勝トーナメントに進出できない」などの声が上がった。

また好セーブを連発したGKチョ・ヒョヌを称賛する声も多く、「よく守った」「川島よりうまいかも」などが見られたという。

一方、ドイツや日本の反応を見た韓国のネットユーザーからは「犠牲になっただと?これが韓国の実力だよ」「アジアのプライドは韓国!ドイツに勝ったから、日本だけ決勝トーナメントに進出しても悔しくない」「その通り。ドイツの調子が悪過ぎた」「いくら褒められても、決勝トーナメントに進出できなければ意味がない」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国サッカー協会のFIFAへの抗議、日本と中国から「恥を知らない」「また後出しジャンケン」と冷ややかな声

26日、サッカーのW杯ロシア大会の韓国対メキシコの一戦で「明らかな誤審があった」として、大韓サッカー協会がFIFAへ遺憾の意を示す方針と報じられたことについて、日本や中国では批判の声が相次いでいる。写真は韓国戦。

Record China
2018年6月27日 11時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング