福岡で起きた著名ブロガー刺殺事件、中国ネットから「深刻すぎる」

配信日時:2018年6月28日(木) 11時40分
福岡で起きた著名ブロガー刺殺事件、中国人の反応は…
画像ID  1000779
28日、福岡市で24日起きた著名ブロガー刺殺事件に、インターネットの利用が盛んな中国からもさまざまな声が寄せられている。資料写真。
2018年6月28日、福岡市で24日起きた著名ブロガー刺殺事件に、インターネットの利用が盛んな中国からもさまざまな声が寄せられている。

中国・澎湃新聞は27日付でこの事件を報じており、記事は亡くなった岡本顕一郎さんについてサイバー犯罪の専門家であると同時に、ブロガーとしても積極的に活動していたことを紹介。24日夜、岡本さんがブログに関する講演を行った後、トイレで刺されたことや、殺人容疑などで逮捕された松本英光容疑者がネット荒らしをしていたと報じられたことなどを伝えている。

記事はまた、2人に面識はないものの、ネット上でのトラブルが報じられていることにも言及。この事件に対し、中国のネットユーザーからは「ネットでのトラブルが現実の世界でこんな事件を引き起こすなんて」「すごく恐ろしい」「ネットがらみの問題を軽視してはいけない」「誰かの恨みを買ってしまうと思うと…。言いたいことも言えない」「ネットが原因の事件、深刻すぎる」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • たまて***** | (2018/06/29 13:39)

    >「誰かの恨みを買ってしまうと思うと…。言いたいことも言えない」 言いたいことを言えないのは、中国では当たり前の事じゃないのか? 中国製のAndroid端末のスマートフォン(海外輸出分も含む)には、中国国内および国外の利用者に反中国共産党組織が居ないかを監視する目的で、テキストメッセージ、ユーザーの位置情報、通話履歴などを上海の解析センターに送るためのトラッキングソフトウェアが仕込まれて(インストール)されている。 中国政府に従わず政府批判や暴動やテロを誘発するような書き込みが確認出来たら、送られてきた利用者の位置情報からアジトを割り出して早急に摘発出来るシステムを構築している。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/06/29 09:02)

    なんにしろ建設的じゃないよね。 荒らし行為しまくってて指摘されると逆ギレ→刺殺とか。一部報道じゃ被害者が「煽ったから」殺されたとか、いかにも被害者に責任があるような書き方してるのもあるけどね。 こっちが正論言ってても、キレる奴はキレるんだよ。そもそも反社会的な気質を持つ連中に正論は通じないしね。 まあ、被害者に何か落ち度があるとしたら、個人を特定できるような情報を与えてしまった事か。 良くも悪くも、ネットは匿名性が高いからこそ安心して本音が言える。本音が言えるからこそネットは特異で貴重な意見交換の場だとも言える。 中共政府にしろ安倍政権にしろ、その「匿名性」が気に入らない様子でもあるけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/06/28 13:18)

    >殺人容疑などで逮捕された松本英光容疑者がネット荒らしをしていた 中国なら起こらなかった犯罪である。中国のネットは政府に監視されているから、〈ネット荒らし〉をすれば、すぐ犯人が特定されてしまうからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事