Record China

ヘッドライン:

韓国のエースが敗戦後に大泣きしていたのは兵役が怖かったから?―中国メディア

配信日時:2018年6月27日(水) 14時40分
拡大
27日、中国メディア・環球網は英紙デイリー・ミラーの報道を引用し、「韓国のスター選手ソン・フンミンが敗戦後に涙したのは、兵役が怖かったからなのか」と題する記事を掲載した。

2018年6月27日、中国メディア・環球網は英紙デイリー・ミラーの報道を引用し、「韓国のスター選手ソン・フンミンが敗戦後に涙したのは、兵役が怖かったからなのか」と題する記事を掲載した。

24日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会グループF第2戦でメキシコに敗れた後、エースのソンがピッチやロッカールームで号泣している姿が報じられた。これについてソンは、「泣いたのは兵役とは関係ない」と強調したという。

記事は、「16年前の日韓W杯でベスト4となった韓国代表選手は政府から兵役を免除された」などと紹介。ソンもこれまでにたびたび兵役免除に関する話題がメディアで取り沙汰されてきた。

これについて、本人は「韓国人としてW杯に出場できるのはとても名誉なこと。これは特別な舞台。韓国国民を代表しているので負けたくない」「選手、ファン、スタッフ、みんなに申し訳ないと思った。それが、私が泣いた理由だ」と語り、兵役とは関係ないことを強調したという。

ソンはまた、「W杯はまだ終わっていない。たとえ1%の可能性しかなくても、私たちはあきらめない」と語り、世界ランク1位の強豪ドイツとの対戦への抱負を語った。韓国がグループリーグを突破するにはドイツに勝利し、同グループのスウェーデンがメキシコに敗れることが絶対条件だ。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国サッカー協会のFIFAへの抗議、日本と中国から「恥を知らない」「また後出しジャンケン」と冷ややかな声

26日、サッカーのW杯ロシア大会の韓国対メキシコの一戦で「明らかな誤審があった」として、大韓サッカー協会がFIFAへ遺憾の意を示す方針と報じられたことについて、日本や中国では批判の声が相次いでいる。写真は韓国戦。

Record China
2018年6月27日 11時20分
続きを読む

ランキング