2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

細川元首相、漢文書籍4175冊を中国に寄贈、散逸1000年の貴重な書籍も=中国ネット「中日友好は両国民の幸福」「国内に残されていたら…」

配信日時:2018年6月27日(水) 12時40分
細川元首相、漢文書籍を中国に寄贈、散逸1000年の貴重な書籍も
画像ID  1000408
27日、細川護熙元首相が自身が理事長を務める永青文庫の収蔵する漢文書籍4175冊を中国に寄贈したことが、中国のネット上で話題になっている。
2018年6月27日、細川護熙元首相が自身が理事長を務める永青文庫の収蔵する漢文書籍4175冊を中国に寄贈したことが、中国のネット上で話題になっている。

中国メディアの澎湃新聞は、北京市の中国国家図書館で26日、漢籍の贈呈式が行われたことを伝えた。

中国訪問中の細川元首相は贈呈式であいさつし、「日中平和友好条約締結40周年の節目に寄贈することができて喜びに堪えない」「研究に役立ててもらえば大変うれしい。中国の悠久の歴史に必ずや資するものと確信している」などと述べた。

中国のラク樹剛(ラクは各ヘンに隹)文化観光相は、細川元首相の日中友好事業への尽力に謝意を表明し、「新しい時代の中国と日本の文化交流と協力のモデルとなり、推進する役割を果たす」と述べた。

澎湃新聞はまた、香港・文匯網の報道を引用し、今回の寄贈について「日本から中国への漢籍の寄贈として1945年以降で最大規模のものだ」とし、「その中には、唐代末期から1000年も失われていた政治参考書『群書治要』全50巻など、中国の歴史から失われて久しい重要な書籍も含まれる」とも伝えた。

中国のネットユーザーからは「中国と日本の友好は世代から世代へと伝わる」「中日友好は両国民の幸福」「中日友好にいいねを送ろう」などのコメントが寄せられていた。

また「これらの書籍が中国国内に残されていたら、文化大革命で灰燼(かいじん)に帰していたに違いない」「日本に伝わっていたからこそ、良好な状態で保存されていた」などのコメントも散見された。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事