Record China

ヘッドライン:

中国人記者が本田圭佑に質問、その「答え」が中国の痛いところを突く―中国メディア

配信日時:2018年6月27日(水) 13時10分
拡大
26日、新浪体育は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で飛躍を見せている日本代表選手に日本が強くなった理由を質問したところ、中国には耳の痛い答えが返ってきたと報じた。

2018年6月26日、新浪体育は、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で飛躍を見せている日本代表選手に日本が強くなった理由を質問したところ、中国には耳の痛い答えが返ってきたと報じた。

記事は「日本のキャンプ地があるカザンを訪れ、トレーニングを終えてミックスゾーンにやってきた日本代表に、中国のサポーターが知りたがっている問題を聞いてみた」と紹介。記者は「ユース育成システムは日本サッカー全体の進歩にどれだけの意味があるか」と質問したという。

この質問に対し、本田圭佑は「ユースは実際のところ、非常に基本的なシステム。強くなりたいなら日本を離れて、高いレベルのリーグを体験して、試合の中で外国の選手と競り合うことで雰囲気を感じ取らなければ。そうすることで初めて試合で緊張することなく、自分のすべての力とレベルを出せる」と答えたという。

また、吉田麻也も「重要なのは海外での経験」とし、今大会の日本のメンバーには欧州のハイレベルなリーグに所属している選手が多く、W杯経験者が何人もいることを挙げ、そうしたことが試合での好パフォーマンスにつながっているとの見方を示したそうだ。

記事は、「本田の英語は決して流ちょうではないがシンプルで分かりやすかった。吉田はとても上手で、外国人記者にジョークを飛ばしていた。今の中国代表の中堅どころで、直接英語でコミュニケーションが取れる選手がどれほどいるだろうか。これこそ彼らが言う、世界での経験、世界的な視野、世界的な雰囲気なのだ」と評している。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国サッカー協会のFIFAへの抗議、日本と中国から「恥を知らない」「また後出しジャンケン」と冷ややかな声

26日、サッカーのW杯ロシア大会の韓国対メキシコの一戦で「明らかな誤審があった」として、大韓サッカー協会がFIFAへ遺憾の意を示す方針と報じられたことについて、日本や中国では批判の声が相次いでいる。写真は韓国戦。

Record China
2018年6月27日 11時20分
続きを読む

本田圭佑に「感服した」、日本は「アジアの誇り」、不屈の闘いぶりに中国からも称賛の声相次ぐ

25日、サッカーW杯ロシア大会1次リーグH組で、強豪のセネガル相手に2度リードを許す展開となりながら、乾貴士と本田圭佑のゴールで追いつき、2―2で引き分けた日本代表の戦いぶりに、中国のネット上でも称賛の声が多く寄せられている。

Record China
2018年6月25日 9時50分
続きを読む

ランキング