Record China

ヘッドライン:

「万里の長城、一部は韓国人の祖先がつくったのに…」中国の最新発表に韓国メディアが異議―中国メディア

配信日時:2012年6月8日(金) 15時48分
拡大
8日、中国国家文物局が発表した最新の調査結果で、万里の長城の総延長が2万1196.18キロメートルと修正されたことについて、韓国メディアは「万里の長城はまるでゴムのように伸縮自在」とやゆしたことが分かった。
(1/4枚)

2012年6月8日、中国国家文物局が発表した最新の調査結果で、万里の長城の総延長が2万1196.18キロメートルと修正されたことについて、韓国メディアは「万里の長城はまるでゴムのように伸縮自在」とやゆしたことが分かった。環球時報の報道。

その他の写真

中国国家文物局は今月5日、最新の調査結果として万里の長城の総延長を2万1196.18キロメートルとしたが、前回の2009年の発表では8851.8キロメートルだったから、2倍以上に延びたことになる。韓国・東亜日報は7日付でこれを伝え、「今回の発表により、万里の長城の東端は、かつて高句麗(BC37〜AD668年/朝鮮半島から現在の中国東北地方にあたる)や渤海(698〜926年)の領土だった部分(=現在の中国吉林省・黒龍江省)と定義されており、これが韓国の学会で不満を引き起こしている」とした。同じく韓国の朝鮮日報は、「中国は現在の国境を基準とし、国内に存在する城壁をすべて万里の長城としているようだが、高句麗や渤海、契丹族や女真族などによる古代国家が建造した城壁までをこれに含めるのは合理性に欠ける」と非難。中国がこれによって、現在の中国国内に居住する漢民族以外の他民族をすべて“中国人”と定義し、彼らの歴史をも自国の歴史として取り込んでしまっている、この裏には政治的意図があると論じた。さらに、「万里の長城を東西に限りなく引き伸ばそうとしている中国政府と学会は、2009年の前回調査で長城の東端と定めた遼寧省丹東市北部の虎山長城で、“高句麗の遺産”と記された碑を撤去した」と続けた。

これに対して、遼寧省社会科学院の北東アジア問題専門家・呂超(リュー・チャオ)氏は、「現在の中国領内にある万里の長城は、確かに複数の民族が異なる時代に建設したもの。もちろん、高句麗によるものも含まれる」と認めている。しかし、「これに“政治的意図”を指摘される覚えはない。韓国人は彼らのルーツにあたる高句麗を中国の遺産に含めるなと主張しているが、これはばかげた話。学術的には討論の余地があるかもしれないが、中国が国内にある歴史的遺産について調査を行うことに、異議を唱えるのは無意味」と一蹴している。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

ランキング