中国人留学生の就職、「日本式ルール」が見えない障害に―華字紙

配信日時:2018年6月28日(木) 8時20分
中国人留学生の就職、「日本式ルール」が見えない障害に―華字紙
画像ID  1000041
25日、日本の華字紙・中文導報のウェブサイトは、中国人留学生が語る日本での就職活動で遭遇する「見えない壁」について伝えた。資料写真。
2018年6月25日、日本の華字紙・中文導報のウェブサイトは、中国人留学生が語る日本での就職活動で遭遇する「見えない壁」について伝えた。

神戸にある大学院で学ぶ修士2年の蘇(スー)さんは、小さいころから日本アニメが好きで、中国の大学在学中も日本に関する学問を専攻していたこともあり、日本での就職を希望して1年次の後期より就職活動を始めた。しかし「日本の就職について完全に理解するには、もう少し前から準備する必要があった」と振り返る。

蘇さんは20社に履歴書を出してそのうち約10社の面接を受けたが、なかなか通らなかったという。何度も面接を経験する中で蘇さんは「日本では中国よりも学歴が重視されないように見えたが、実際は学歴が大切だった。国立大学の留学生が一般大学の留学生より有利だった」と語った。蘇さんは先月、晴れてある会社から内定通知を受け取ったとのことだ。

日本の大手企業に4年間務める孫(スン)さんは「日本企業は外国人社員に対し、日本人社員に混じって第一線で戦うことを求めるが、これはちょっと理解できない。会社は毎年十数人の外国人を雇い、自分も求人に携わっている。有名企業なので応募者も多いのだが、入社しても辞めていく人が多い。それは主に、外国人社員に対する扱いが厳しく、日本人の習慣に合わせて仕事をさせようとするからだ」と語っている。

また、留学生の白(バイ)さんはグループ面接で日本人の参加者から相手にされなかったという。幸いこの会社から内定をもらったが「日本の参加者たちが言いたいことをちゃんと理解していなかったことで、グループディスカッションがうまくいかなかったのかもしれない。これも、外国人が日本で就職する上で慣れない点かもしれない」と話した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • kur***** | (2018/06/29 01:04)

    大多数の日本人から歓迎されてないのが現実。 そこを納得出来ないなら、日本以外の自由な国は幾らでもあります。 どうぞ、そちらへ!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2018/06/28 14:03)

    日本の民間企業に就職するのならそれに合わせられなければ採用されないのは当然でしょ?それとも企業側が外国人に合わせなければいけないのかな? おかしな事を感じるんだな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/06/28 13:36)

    >日本では中国よりも学歴が重視されないように見えたが、実際は学歴が大切だった 〈学歴〉のせいで落ちたわけではないと思う。面接でおかしな〈愛国心〉を見せて、面接官をドン引きさせたのではないか。 >外国人社員に対する扱いが厳しく、日本人の習慣に合わせて仕事をさせよう 〈日本人と同じ〉を求めるなら、最初から日本人を採用している。外国人を採用したのは、日本人にない〈長所〉を求めているからだろう。それで苦労しているなら、期待されたほどの技量がなかったのではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事